Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

プロセス パッケージ

  • 更新済み: 2020/12/17
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace
    • プロセス フロー

プロセス パッケージ

[プロセス] パッケージ には、Control Room ユーザーがこの アクション を使用して Bot を構成できるリクエスト アクション が含まれています。

開始前

注: [プロセス] パッケージ の名前は、Enterprise A2019.18 で AARI on the web パッケージ に変更され、[リクエストを作成] アクションと追加の新しいアクションが利用できるようになりました。「AARI Web パッケージ」を参照してください。

このパッケージを実行するには、次の条件のいずれかを満たしていることを確認してください。

条件 1
  • 割り当てられたチームのプロセスへのアクセス。
  • AARI ユーザー ライセンスへのアクセス。
  • AARI ユーザー用にシステムで作成された AAE_Robotic_Interface User ロール。
条件 2
  • Bot Runner ライセンス (Attended または UnAttended) または Bot Creator ライセンスへのアクセス。
  • [マイ Bot を表示] および [マイ Bot を実行] 権限のあるユーザー作成ロール。

[プロセス] パッケージアクション

[プロセス] パッケージ には次の アクション が含まれます。

アクション 説明
リクエストを作成 リクエストを作成します。
  • [プロセスを選択] フィールドで、プロセスを選択またはアップロードします。
  • [ディクショナリ] または [変数] フィールドで変数を指定します。
    • ディクショナリ: [タイプ]、[キー]、および [] のフィールドに変数情報を入力します。

      [タイプ] フィールドで、[任意]、[文字列]、[数値]、[日時]、または [Boolean] のいずれかを選択できます。

    • 任意: [追加] フィールドでディクショナリ変数を追加します。

    • 変数: カスタム変数を入力します。
  • 任意: [リクエスト ID を次に割り当てる] フィールドで変数を割り当て、出力として保存します。

    出力は ID 値として保存されます。

フィードバックを送る