Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

クラウド移行ユーティリティのインストール

  • 更新済み: 2022/07/06
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • RPA Workspace

クラウド移行ユーティリティのインストール

クラウド 移行ユーティリティを使用して、すべての Enterprise 11 データを Automation Anywhere クラウド にアップロードできます。データが クラウド に正常にアップロードされると、クラウド Control Room が作成され、アップロードされたすべてのデータがその Control Room で使用できるようになります。

このユーティリティは、Control Room リポジトリ (Bot、その依存関係、および 資格情報 Vault) および Control Room データベース (ユーザー、ロール、スケジュール、キュー、および Control Room 設定) からデータを移行します。
注: Enterprise 11 Control Room データ (ユーザー、ロール、資格情報など) の、Google Cloud Platform 上の Automation 360 クラウド への移行はサポートされていません。
次の推奨事項を考慮してください。
  • Enterprise 11 Control Room がインストールされているアプリケーション サーバーに クラウド 移行ユーティリティをインストールしてください。Enterprise 11 については、また、このユーティリティが、Bot Insight データベースがホストされている同じデータベースにインストールされていることを確認します。

  • Enterprise 11 をクラスター モードでインストールした場合は、クラスターのいずれかのノードに移行ユーティリティをインストールします。
注: Enterprise 10 から Automation 360 クラウドへの移行をサポートするようになりました。詳細および支援が必要な場合は Automation Anywhere サポートにお問い合わせください。Open a support case (A-People login required)

手順

  1. Automation Anywhere サポート サイトから、最新バージョンのクラウド移行ユーティリティをダウンロードします。A-People Downloads page (Login required)
    1. [Automation Anywhere Automation 360] セクションで、[Automation Anywhere Enterprise Cloud Migration Utility] リンクをクリックします。
    2. .zip ファイルをダウンロードします。
  2. .zip ファイルを解凍し、管理者として AAE Cloud Migration Utility.exe ファイルを実行します。
  3. [要件] 画面で [インストール] をクリックします。
    この画面には、マシンにユーティリティをインストールするために必要なアプリケーションが表示されます。必要なアプリケーションはユーティリティによってインストールされます。別途インストールする必要はありません。
  4. [ようこそ] 画面で [次へ] をクリックします。
  5. [使用許諾契約] 画面で、使用許諾契約書を読んで同意し、[次へ] をクリックします。
  6. ユーティリティをインストールする場所を変更する場合は、[保存先フォルダー] 画面で [変更] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  7. [プログラムのインストール準備完了] 画面で [インストール] をクリックします。
    [AAE クラウド移行ユーティリティのインストール中] 画面に、インストールの進行状況が表示されます。
  8. [完了] 画面で [終了] をクリックします。

次のステップ

Enterprise 11 については クラウド移行ユーティリティを使用した Enterprise 11 データのアップロード

フィードバックを送る