Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Cloud移行ユーティリティのインストール

  • 更新済み: 8/09/2021
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • RPA Workspace

Cloud移行ユーティリティのインストール

Cloud移行ユーティリティをインストールします。これにより、Enterprise 11 のデータを Automation Anywhere Cloud にアップロードできるようになります。

次の推奨事項を考慮してください。
  • Enterprise 11 Control Room がインストールされているデバイスにCloud移行ユーティリティをインストールします。
  • Enterprise 11 をクラスター モードでインストールした場合は、クラスターのいずれかのノードに移行ユーティリティをインストールします。
  • 移行ユーティリティをインストールするデバイスに 2GB 以上のハードディスク空き容量があることを確認します。

手順

  1. Automation Anywhere サポート サイトから、最新バージョンのCloud移行ユーティリティをダウンロードします。A-People Downloads page (Login required)
    1. [Automation Anywhere Automation 360] セクションで、[Automation Anywhere Enterprise Cloud Migration Utility] リンクをクリックします。
    2. .zip ファイルをダウンロードします。
  2. .zip ファイルを解凍し、管理者として AAE Cloud Migration Utility.exe ファイルを実行します。
  3. ユーティリティをインストールする言語を選択し、[OK] をクリックします。
  4. [要件] 画面で [インストール] をクリックします。
    この画面には、マシンにユーティリティをインストールするために必要なアプリケーションが表示されます。必要なアプリケーションはユーティリティによってインストールされます。別途インストールする必要はありません。
  5. [ようこそ] 画面で [次へ] をクリックします。
  6. [使用許諾契約] 画面で、使用許諾契約書を読んで同意し、[次へ] をクリックします。
  7. ユーティリティをインストールする場所を変更する場合は、[保存先フォルダー] 画面で [変更] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  8. [プログラムのインストール準備完了] 画面で [インストール] をクリックします。
    [AAE クラウド移行ユーティリティのインストール中] 画面に、インストールの進行状況が表示されます。
  9. [完了] 画面で [終了] をクリックします。

次のステップ

Cloud移行ユーティリティを使用した Enterprise 11 データのアップロード

フィードバックを送る