Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Enterprise 11 の情報を Automation 360 にコピーして貼り付ける

  • 更新済み: 2022/04/12
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • RPA Workspace

Enterprise 11 の情報を Automation 360 にコピーして貼り付ける

Enterprise 11 サーバー リポジトリ ファイルおよび 資格情報 Vault ファイルは Automation 360 環境に必要です。このデータを取得する最も効率的な方法は、Enterprise 11 環境から Automation 360 にコピーする方法です。

Automation 360 をインストールするに、必要なファイルを Enterprise 11 データからコピーして貼り付ける必要があります。また、クエリを実行して、Control Room のアクセス URL とリポジトリ パスを更新する必要があります。

Automation 360 への移行方法の詳細については、Automation Anywhere University: RPA Training and Certification (A-People login required) で次のコースを検索してください。
  • Migrating from Enterprise 11 to Automation 360 On-Premises
  • Migrating from Enterprise 10 to Automation 360 On-Premises

手順

  1. Enterprise 11 リポジトリ データをコピーして貼り付けます。
    Enterprise 11 リポジトリの場所は、Enterprise 11 Control Room管理 > 設定 > 一般 で確認できます。

    構成設定」を参照してください。

    要確認:
    • Enterprise 11 資格情報 Vault が [手動] モードに設定されている場合、安全な場所に保存されている 資格情報 Vault のマスター キーを含むファイルをコピーします。マスター キーは、復元された Enterprise 11 データベースを使用して Enterprise 11 から移行した後で初めて Automation 360 にログインするときに必要です。
    • Enterprise 11 Control Room のバージョン管理が有効な場合は、依存関係を含む各 Bot の最新バージョンがコピーされ、Enterprise 11 リポジトリから Automation 360 に移行されます。ただし、Bot のバージョン履歴とその依存関係はコピーも移行もされません。
    • Automation 360 でクラスター構成をセットアップする場合は、コピーした Enterprise 11 データを、クラスター内のすべてのノードがアクセスできる共有ネットワーク上の場所に貼り付ける必要があります。
    • Enterprise 11 リポジトリ データの保存に NAS を使用していて Automation 360 リポジトリ データがローカル ドライブにある場合、NAS から Automation 360 ローカル ドライブへのコピーのプロセスは同じです。
    1. 以下のようなフォルダー構造を、デバイス上の任意の場所に作成します (まだ存在しない場合)。
      例: C:\ProgramData\AutomationAnywhere\Server Files
      Notes:
      • Automation 360 でクラスター構成をセットアップする場合は、コピーした Enterprise 11 データを、クラスター内のすべてのノードがアクセスできる共有ネットワーク上の場所に貼り付ける必要があります。
      • Enterprise 11 データベースが NAS ストレージに保存されていて Automation 360 ローカル ドライブに移行する場合も、コピー & ペーストのプロセスは同じです。
    2. 手順 a で作成した [Server Files] フォルダー内に、次のフォルダーを作成します。Default\0\Automation Anywhere\Bots
      以上のステップで作成したフォルダーに基づき、最終的なフォルダー構造は次のようになっている必要があります: C:\ProgramData\AutomationAnywhere\Server Files\Default\0\Automation Anywhere\Bots

      フォルダー構造の C:\ProgramData\AutomationAnywhere\Server Files は動的パスであり、要件に基づいて任意の場所にすることができます。一方、Default\0\Automation Anywhere\Bots は、変更されない一定のパスです。

      注: このパスは、移行用の一時的なパスではなく、すべての Botパッケージ を格納するのに使用されます。
    3. Enterprise 11 CredentialVault.dat ファイルと、前の手順で作成したフォルダー構造に BotMetaBot を含むフォルダーをコピーして貼り付けます。
      コピーする Enterprise 11 ファイルとフォルダー Enterprise 11 の場所 Automation 360 の場所
      CredentialVault.dat ファイル AutomationAnywhere\Server Files

      CredentialVault.dat ファイルは、Enterprise 11 資格情報 Vault が [エクスプレス] モードで構成されている場合のみ、この場所で利用できます。