Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

オートメーションのオポチュニティの分析

  • 更新済み: 12/06/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • Discovery Bot

オートメーションのオポチュニティの分析

オートメーションの有無にかかわらず、潜在的なオポチュニティから得られる利益や節約額を分析および理解するのに役立つグラフやチャートを使用して、オポチュニティやプロセス記録データを確認します。

オポチュニティ

[オポチュニティ] ヘッダーには、割り当てられたプロセスについて、すべてのユーザーがキャプチャした記録とオポチュニティのデータのスナップショットが表示されます。[オポチュニティ] ヘッダーには、次のデータが表示されます。
フィールド 説明
節約額 オポチュニティに関連する潜在的節約額 (年間の節約額または実行ごとの節約額)
オポチュニティの数 選択した記録を含むオポチュニティの数
プロセス バリアントの数 オポチュニティに含まれるブランチの数。
平均プロセス サイクル プロセスに提供された記録の平均期間
参加者 プロセスのために記録を提出したユーザー数

オポチュニティ エボリューション

オポチュニティ エボリューション マップは、どのオポチュニティを最初に自動化すべきかを判断するのに使用します。各クアドラントには次のものが表示されます。

  • 続行: このようなオポチュニティは、最大の利益をもたらし、導入も容易です。
  • 長期: このようなオポチュニティは ROI が高くなりますが、導入には時間がかかります。また、自動化するための導入努力も必要です。
  • 保留: オートメーションのメリットは低く、導入には時間がかかります。オートメーションはお勧めしません。
  • 短期で成功: 勢いをつけるために、必ず最初にこれを行います。

アプリケーションの使用状況

ドーナツ グラフには、選択した記録で使用されるアプリケーションの数が表示されます。チャートの右側のテーブルに、アプリケーションの使用状況の詳細が次の形式で表示されます。アプリケーション | 分秒 | パーセント。パーセントは、使用されたすべてのアプリケーションの合計に対する使用アプリケーションの割合を表します。

ユース ケース

この情報を使用して、ユーザーの参加状況、およびプロセスの複雑さと変動性をすばやく把握できます。アプリケーション数が多いほど分析するプロセスの複雑さと変動性が大きくなります。平均プロセスサイクル時間は、予想される処理時間内のプロセスの所用時間に関するインサイトを提供します。実際のプロセス サイクルがアプリケーション数より多い場合、プロセスがオートメーションの候補として適していること、および効率性の向上につながることを示しています。

プロセス別プロセス サイクル タイム

このグラフは、平均的なプロセス サイクルに関連する時間 (分) を、プロセスごとに、またユーザーごとに表示するものです。

ユース ケース

この情報をもとに、どのプロセスに最も時間がかかっているか、つまり自動化すればより多くのコスト削減が可能になるかを把握できます。たとえば、アナリストは特定の参加者のプロセス記録で所要時間が長かった理由、またはより短い期間で完了した理由について学び、この情報を他の参加者と比較することができます。この情報は、プロセス記録をより小さなサブセットに絞り込んで、オートメーションのオポチュニティの改善または増加に繋がる可能性がある非効率性について調べるのに役立ちます。

プロセスごとのステップ数

このグラフは、各プロセスにおける手動ステップの平均回数を、ユーザー別に表示したものです。この情報をもとに、各プロセスのステップ数を比較します。手動のステップが多いプロセスは、オートメーションの候補になりやすくなっています。

フィードバックを送る