Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot の移行の準備

  • 更新済み: 2022/01/03
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • IQ Bot

IQ Bot の移行の準備

以前のバージョンの IQ Bot (Enterprise 6.x ~ 11.x) から Automation 360 IQ Bot (オンプレミス) に移行する前に、以下のタスクを実行します。

手順

  1. Automation Anywhere Enterprise の以前のバージョン (10.x または 11.x) を使用している場合は、必ず最新バージョンの Automation 360 に移行してください。
  2. Automation 360 のバージョンが、インストールする Automation 360 IQ Bot に対応していることを確認します。
  3. IQ Bot バージョン 11.3.4 以降のバージョンから最新の Automation 360 IQ Bot オンプレミス に移行します。以前のバージョンの IQ Bot (5.3.x) を現在使用している場合は、まず次のタスクを実行する必要があります。
    1. IQ Botバージョン 6.5 に更新します。
    2. Automation 360 IQ Bot オンプレミス に移行する前に IQ Bot バージョン 6.5IQ Bot バージョン 11.3.4 に更新します。
  4. 既存の IQ Bot のデータベースをバックアップします。
    以前のバージョンの IQ Bot では、5 つのデータベースが作成されました。Automation 360 IQ Bot オンプレミス ビルド 2545では、単一の統合データベースが作成されます。
    1. 次の 5 つのデータベースすべてをバックアップしてください。
      • AliasData
      • ClassifierData
      • Configurations
      • FileManager
      • MLData
    2. 旧バージョンの IQ Bot をアンインストールします。
      既存の IQ Bot ビルドをアンインストールしても、データベースは削除されません。
  5. Database Migration Assistant をインストールします。
    1. Automation Anywhere サポート サイトにログインし、Database Migration Assistant をダウンロードします。
      注: データベース移行アシスタントを実行する前に、SQL Server 用の OBDC ドライバー バージョン 15.0 以降がシステムで利用可能であることを確認します。
    2. ファイルをダブルクリックすると、データベース移行アシスタントが実行されます。
    3. 続行するには [次へ] をクリックします。
    4. 使用許諾契約に同意して [次へ] をクリックします。
    5. [データベース構成] 画面で、既存の IQ Bot データベースのホスト名と資格情報を入力し、[次へ] をクリックします。
      注: SQL Server のフル ネームをホスト名として使用する場合は、SQL Server ブラウザ サービスが実行されている必要があります。
    6. (任意) データベース移行アシスタントのデフォルトのインストール フォルダーを変更する場合は、[参照] をクリックします。
    7. [インストール] をクリックします。
      インストールが正常に完了すると、IQBot という新しいデータベースが作成されます。次のパスを使用してログ ファイルを確認できます。

      C:\Users\Public\Documents\Migration_Assistant_Logs

    注: Automation 360 IQ Bot への移行が完了すると、IQ Bot 11x で処理した出力ファイルは、Control RoomIQ Bot パッケージを使用したダウンロードができなくなります。
フィードバックを送る