Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot の標準フォーム

  • 更新済み: 2021/11/27
    • Automation 360 v.x
    • IQ Bot
    • Digitize

IQ Bot の標準フォーム

標準フォームは、通常、レイアウト全体の差異がほとんどまたはまったくない、多数のフィールドが含まれた固定形式のドキュメントで、手書きコンテンツとデジタル コンテンツの両方を含めることができます。IQ Bot を使用して、標準フォームからデータを抽出できます。

IQ Bot にセットアップする前にモデルをカスタマイズして構築することで、標準フォームからデータを抽出することができます。機械学習モデルは、ドキュメントから特定のタイプのパターンを認識するようにトレーニングすることができるファイルです。データの入ったサンプル ドキュメントを使用して、パターンを認識するモデルをトレーニングすることができます。

Control Room 管理者が定義した関連付けられたロールまたは権限に基づいて、このモデルを使用して標準フォームからデータを抽出するためのラーニングインスタンスを作成できます。

標準フォームの例としては、W-4 (従業員源泉徴収票)、所得税申告書、売渡証書、パートナーシップ契約書などがあります。多数の所得税申告書からデータを抽出するシナリオについて考えてみましょう。IT Forms という名前でモデルを作成し、所得税申告書からコンテンツを抽出するようにこのモデルをトレーニングします。その後、IQ Bot で事前トレーニング済みの IT Forms モデルを使用してラーニングインスタンスを作成し、それを使用して所得税申告書から名前、評価年、年齢、口座情報などのデータを抽出できます。

次のワークフローでは、標準フォームからのデータ抽出に使用できるカスタム モデルの作成方法について説明します。
  1. 必要なサービスをセットアップし、モデルを作成します。

    サービスの設定とモデルの作成

  2. IQ Bot で標準フォーム モデルをセットアップおよび構成します。

    IQ Bot での標準フォームのセットアップおよび構成に関するサポートについては、カスタマー サクセス マネージャー (CSM) またはパートナー イネーブルメント マネージャー (PEM) にお問い合わせください。

    How to Setup and configure standard forms in IQ Bot (A-People login required)

  3. ラーニングインスタンスを管理します。
  4. 標準フォーム bot に基づいて、ラーニングインスタンスの検証ルールを追加します。

    標準フォームの bot の編集

  5. 標準フォーム ラーニングインスタンスを異なる IQ Bot 環境間で移動します。

    標準フォーム ラーニング インスタンスのインポート | 標準フォーム ラーニング インスタンスのエクスポート

  6. 本番環境のドキュメントからデータを抽出します。

    ドキュメントからのデータの抽出

    大量のドキュメントがある場合、一部のドキュメントが処理されず、Fail フォルダーに保存される可能性があります。たとえば、10,000 個を超えるドキュメントを処理しようとすると、3 個が失敗する可能性があります。

  7. 処理されたドキュメントのエラーを修正します。

    [IQ Bot] Validatorの使用

  8. 出力を生成します。

    標準フォーム ラーニングインスタンスは、フォーム フィールドを CSV ファイルに抽出するように設計されたサードパーティ ベンダーのモデルを使用します。ドキュメントのテーブル フィールドは、個別の CSV ファイルとして抽出され、検証されません。CSV ファイルのエラーを手動で確認して修正します。

  9. ラーニングインスタンスの詳細を使用して、出力データを確認および分析します。

    ラーニング インスタンスの詳細情報

フィードバックを送る