Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Tegaki API OCR エンジンを使用する

  • 更新済み: 10/04/2021
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • IQ Bot

Tegaki API OCR エンジンを使用する

IQ BotTegaki API OCR エンジンを使用することで、日本語と韓国語のトレーニング ドキュメントで使用する光学式文字認識 (OCR) 結果の精度を向上させることができます。Automation 360 IQ Bot On-Premises で使用するようにそれを設定できます。

前提条件

Tegaki API OCR エンジンをセットアップするための以下の前提条件を確認してください。
  • Tegaki API OCR エンジンのサーバー選択情報。

    Tegaki on-premises server selection guide (Login required)」を参照してください。

  • IQ Bot は、内蔵プラグインとして Tegaki API を提供します。以下のフォルダーにある settings.txtTegaki API をデフォルトの OCR エンジンとして設定してください。

    C:\Program Files (x86)\Automation 360 IQ Bot <version>\Configurations

  • TCP プロトコルを使用して、デフォルト port = 443 で API エンドポイントの通信を設定します。
制約事項: Automation 360 IQ Bot Cloud では使用できません。
Tegaki API OCR は、ドキュメントで次の言語に対応しています。
  • 日本語
  • 韓国語
  • 日本語 - 英語
  • 韓国語 - 英語

手順

  1. IQ Bot インストーラーを実行します。
  2. Automation Anywhere 担当者から受け取った指示に従って、お使いのマシンに On-Premises バージョン用の Tegaki API OCR エンジンを設定します。
  3. Tegaki OCR settings.json ファイルにライセンス キーを入力します。
    IQ BotTegaki API OCR エンジンを使用するためのライセンスを提供しないため、独自のライセンス キーを使用する必要があります。独自のライセンスキーをインストールするには、次の手順に従います。
    1. 次の場所に移動します。

      C:\Program Files (x86)\Automation 360 IQ Bot\Configurations

    2. Tegaki API バージョンをインストールした On-Premises エンドポイントを設定します。APIKey = <your key here> を設定し、TegakiOCREngineSettings.json ファイルを構成します。
      {
        "APIKey": "<ensure your key meets UUID format (https://www.uuidgenerator.net)>”,
        "RestEndpointURL": "<your Tegaki Server URL here>”,
        "RestEndpointPort": <80>,
        "EngineType": 3,
        "EnableFieldMerging": false,
        "EnableFieldRegions": false,
        "DebuggingFolder": "C:\\Users\\Public\\Documents\\Automation Anywhere IQBot Platform\\Logs\\Engine\\Tegaki"
      }

      How to change OCR Settings in IQ Bot Cloud (A-People login required)をご覧ください。

  4. ..\Automation 360 IQ Bot\Configurations\Settings.txt に移動し、次の値を変更します。OCREngine=TegakiAPI
    TegakiOCREngineSettings.json ファイルは IQ Bot のインストール後に使用できます。

次のステップ

  1. トレーニングを希望するアジア言語のドキュメントを使用して新しいラーニングインスタンスを作成します。
  2. ドキュメントでトレーニングし、ラーニングインスタンスを本番に設定します。
  3. アジア言語のファイルをアップロードし、bot を実行します。
  4. 抽出結果をダウンロードして精度を確認します。
フィードバックを送る