Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot 移行ウィザード

  • 更新済み: 2022/04/22
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • RPA Workspace

Bot 移行ウィザード

このウィザードは、Automation 360Control Room に統合されており、前提条件を満たした後の移行プロセスの手順を追って示します。このウィザードを使用して、複数の Bot と、それらと依存関係にある Bot を移行できます。

Bot 移行ウィザードは、Bot で使用されているすべてのコンポーネントが移行をサポートしている場合にのみ、その Bot を移行します。Botが .txt、.doc、および .png などの他の依存ファイルを使用する場合は、Bot を移行した後に、これらのファイルを依存関係として手動で追加する必要があります。

[Bot の移行] パッケージを使用して個別の Bot を移行することもできます。ただし、このパッケージは、移行後に Bot を実行するのに必要な Bot の依存関係やその他のエンティティを移行しないため、使用することはお勧めしません。

Control Room ([管理] > [移行] > [概要]) タブで、移行された Bot のステータスの統合ビューを表示できます。
[概要] タブ
重要: このタブを表示するには、移行を表示移行を管理の両方の許可が必要です。
以下の詳細を含む Bot の移行の全体的な状況を確認することができます。
  • 正常に移行された Bot
  • 移行に失敗した Bot
  • 確認メッセージが表示されて移行された Bot
  • 要対応のメッセージが表示されて移行された Bot
  • 移行の履歴: 特定フォルダーまたはすべてのフォルダーから実行された過去の移行に関する情報。
次のアクションを実行することもできます。
  • 選択されている Bot で移行を再実行し、また、複数の移行が実行された各 Bot の履歴を確認します。
  • タイム スタンプを使用して Bot が移行された時刻を表示します。
  • 正常に移行された Bot、移行に失敗した Bot、確認や対処が必要な Bot の概算の数を取得します。
  • 特定の Bot のリストをエクスポートします。
  • 移行した Bot バージョンを表示します。
  • 移行した Bot バージョンの履歴を表示します (チェックイン メッセージは Bot がレガシーのバージョン Enterprise 10Enterprise 11 から移行されたことを示します)。

再移行された Bot の最新のステータスを表示するには、次の画像に示すように、表または画面を更新します。移行の詳細を表示する [概要] タブ

.atmx および .mbot 形式の Enterprise 11 または 10.x Bot を .bot 形式に変換して Automation 360 に移行する方法については、以下のビデオをご覧ください。このタスクは、Enterprise 11 または Enterprise 10 データベースを複製し、BotAutomation 360 Control Room で使用可能になった後に実行します。

フィードバックを送る