Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

bots を移行および検証する際の考慮事項

  • 更新済み: 2021/07/21

    bots を移行および検証する際の考慮事項

    移行プロセスはシームレスになるように設計されています。ここでは、日常的な自動化プロセスを通常どおり実行できるように、bots を変換、検証、移行する際に予期されることについて説明します。

    移行にかかる時間
    移行時間は、Enterprise 11 または Enterprise 10 リポジトリ内の bots の数、自動化されたプロセスの数、移行を実行する Bot Runners とマシンの数によって異なります。移行に必要な時間は、内部プロセスと要件によって異なります。
    各自のペースで移行を実行する
    移行プロセスは比較的短時間で完了できますが、新しいプラットフォームへの完全な移行には時間がかかる場合があります。
    移行ツールを使用することで、何をいつ移行するかを制御できます。すべての bots を同時に移行するか、一度に数個ずつ bots を移行するかを選択できます。Enterprise 11 または Enterprise 10 から Automation 360 への移行期間中は、移行が完了するまで通常どおり以前のプラットフォームで bots を実行し続けることができます。
    注: 移行が完了したら、すべての新しい botsAutomation 360 で構築する必要があります。これにより、移行する bots と組織を管理できます。
    ダウンタイムなし
    データを Automation 360 に移行することで、スケジュール設定済み bots や、Enterprise 11 または Enterprise 10 で計画したとおりに bots を実行する能力が影響を受けることはありません。自動化のニーズに応じてインフラストラクチャ要件が満たされている限り、Enterprise 11 または Enterprise 10Automation 360 を並列実行しても、通常の自動化アクティビティが中断されることはありません。
    Enterprise 11 または Enterprise 10Automation 360 の並列実行
    移行期間中は、移行した bots のテストが完了し、Automation 360 で正常に実行されるようになるまで、Enterprise 11 または Enterprise 10 で自動化を実行することをお勧めします。これは、ダウンタイムをゼロにする最善の方法です。
    フィードバックを送る