Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot での RBAC の移行

  • 更新済み: 2021/12/08
    • Automation 360 v.x
    • 移行
    • IQ Bot

IQ Bot での RBAC の移行

ロール ベースのアクセス制御 (RBAC) により、新しいラーニングインスタンスと関連する機能へのアクセスを IQ Bot で管理することができます。移行を開始する前に、IQ Bot 11.3.5.x と Automation 360 IQ Bot の RBAC の比較表を確認してください。

RBAC の比較

IQ Bot 11.3.5.x と Automation 360 IQ Bot で提供されている RBAC の比較は以下のとおりです。
機能 IQ Bot 11.3.5.x でサポート Automation 360 IQ Bot でサポート
カスタム ロールを使用した部門別のラーニングインスタンスへの権限の分離 はい はい
作成時にラーニングインスタンスにロールを割り当て はい はい
システム ロールのサポート:
  • Automation 360 IQ Bot 管理者
  • IQ Bot サービス
  • IQ Bot 検証ツール
はい はい
ラーニングインスタンスの割り当て済みロールを変更 はい いいえ
ユーザーが異なるラーニングインスタンスに対して異なるアクセス レベルを持つことができる はい いいえ
ラーニングインスタンスを環境間で移動する際のロールの転送 いいえ

ただし、[ロールの割り当て] 機能を使用して、ラーニングインスタンスにロールを割り当てることができます。

いいえ
IQ Bot のすべての権限が実装される はい いいえ
以下の権限は実装されません。
  • ラーニングインスタンスを編集
  • ラーニングインスタンスを削除
  • ラーニングインスタンスを本番環境に送信
  • ドメインをインポート

RBAC を移行する前の要件

  • ラーニングインスタンスを作成できるユーザーのロールを、どの IQ Bot システム ロールとも関連付けないようにしてください。代わりに、これらのユーザーにはカスタム ロールを関連付けます。
  • ラーニングインスタンスを作成できるユーザーがカスタム ロールを持っている場合、ラーニングインスタンスでの RBAC 操作をシームレスに行うため、部門に対応する適切なロールを割り当てる必要があります。ただし、これらのユーザーには、ラーニングインスタンスを作成するためのカスタム ロールと対応する部門ロール以外の他のロールが何も割り当てられていないことを確認してください。
  • ラーニングインスタンスを作成できるユーザーは、IQ Bot 以外のどのロールとも関連付けないでください。この制限は、カスタム ロールを持つ他のユーザーには適用されません。
  • ラーニングインスタンスを作成できるすべてのユーザーには、(ラーニングインスタンスを作成するための) 1 つのカスタム ロールに割り当てないでください。代わりに、これらのユーザーには、(ラーニングインスタンスを作成するための) 部門固有のカスタムロールを割り当てる必要があります。
  • [すべてのラーニングインスタンスを表示] 権限は、IQ Bot サービスへのアクセスを提供するため、カスタム ロールで使用しないでください。
  • 権限のないユーザーがラーニングインスタンスにアクセスするリスクを高める可能性があるため、部門ロール以外のロールがラーニングインスタンスに割り当てられないようにしてください。
  • 検証するドキュメントに少なくとも 1 つのラーニングインスタンスがある場合、カスタム ロールで [検証ツールを起動] 権限を持つユーザーだけが IQ Bot を表示できます。

移行を計画する

カスタムロールの設定や機能など、RBAC の機能は、IQ Bot 11.3.5.x と Automation 360 IQ Bot で異なります。したがって、移行の際は以下の点に留意してください。
  • RBAC は、IQ Bot 11.3.5 以降からのみ Automation 360 IQ Bot に移行することができます。
  • IQ Bot 11.3.5.x は、Automation 360 IQ Bot オンプレミスクラウド の両方に移行できます。
  • RBAC を移行すると、すべてのカスタム ロールとユーザー ロールも Control Room 11.3.5.x から Automation 360 に移行されます。
  • RBAC のユース ケースのラーニングインスタンスは、部門間や組織ユニット間などで必ず分離してください。

RBAC 移行パスの選択

現在使用している IQ Bot バージョンと、ビジネス要件を満たす Automation 360 IQ Bot デプロイ モデルに基づいて、RBAC 移行パスを選択します。

フィードバックを送る