Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

フォームの作成

  • 更新済み: 2020/09/11
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • AARI
    • プロセス フロー

フォームの作成

Automation 360 のフォーム ビルダーでは、ブラウザ インターフェースから使用できるさまざまなフォーム要素を使用してフォームを作成または編集できます。フォームは、レイアウトをほとんど (またはまったく) 変更せずに構造化コンテンツを提供するドキュメントです。フォームは、事前定義済みの自動タスクを実行する bots にリンクできます。

フォーム ビルダーを使用する際には Bot agent への追加インストールは必要ありません。Bot Creator ライセンスを持つ Control Room ユーザーは、フォーム ビルダーにアクセスして、新しいフォームを設計することや既存のフォームを編集することができます。

このタスクでは、必要な情報をすべてキャプチャする新しいユーザー登録フォームを作成するシナリオの例を示します。このフォームを bot にリンクすると、ユーザー情報をストアするサードパーティ アプリケーションをトリガーできます。

手順

  1. [Bot] > [マイ Bot] > [新規作成] > [フォーム] をクリックします。
  2. [フォームを作成] ページで、新しいフォームの名前を入力します。
    フォームは、デフォルトで \Bots\ フォルダーに保存されます。デフォルトのフォルダーを変更するには [参照] をクリックします。
  3. [作成&編集] をクリックします。
    単一行の [列] レイアウトのフォーム ビルダー ページが表示されます。
  4. 右側の [プロパティ] パネルを使用して、フォームのプロパティを更新または変更します。
    1. [フォーム タイトル] フィールドにタイトルを入力します。
    2. [フォーマット] フィールドを使用して、フォーム要素の表示フォントまたはフォント サイズを設定します。
      注: [フォント名] ドロップダウン メニューを使用して、フォント (英語のみ) を選択します。

      サポートされている英語以外の言語をフォーム要素に使用した場合は、[フォント名] > [システム デフォルト] を選択します。たとえば、日本語で要素ラベルまたはテキストを追加した場合、bot 実行時に表示するフォーム要素の [フォント名] > [システム デフォルト] を選択します。

    3. [寸法] フィールドを使用して、フォームの幅と高さを設定します。
    4. [表示動作] フィールドを使用して、フォームをユーザーデスクトップに表示する方法を設定します。
    5. [非表示の要素] を使用して変数を設定します。
      たとえば、登録フォームが、ユーザーに表示できない社会保障番号 (SSN) にリンクされている場合、非表示の要素の [タイプ][数値] として選択します。Bot Creator ライセンスを持つユーザーは、bot の作成時にこの変数にアクセスできます。
  5. オプション: [プレビュー] をクリックします。
    フォームのプレビュー画面では、フォームの表示解像度の確認およびユーザーのデスクトップに表示するフォームの位置の変更を行うことができます。[X][Y] の座標の値を入力するか、カーソルを使用してフォームをドラッグすることによって対応する X と Y 座標を動的に更新できます。
  6. オプション: [列] をドラッグして、要素を水平に並べます。
    たとえば、フォームの [名] フィールドと [姓] フィールドを隣り合わせに表示する場合は、[列] をフォームにドラッグします。次に、2 つのテキスト ボックスを列にドラッグします。行のプロパティを使用して、列数と列幅をカスタマイズします。
    [削除] をクリックするか、任意の要素を選択し、キーボードの Delete ボタンを押してフォームから削除します。
  7. このシナリオでは、以下の要素をフォームにドラッグします。
    1. テキストボックス: 最初のテキスト ボックスの [要素ラベル] フィールドに 「」と入力し、2 番目のテキスト ボックスの [要素ラベル] に「」と入力します。
    2. 数字: [要素ラベル] に「連絡先番号」と入力します。
      新規ユーザー登録フォームの場合、連絡先番号などのフィールドは必須であることがあります。要素を必須にするには、[詳細動作] 動作を使用します。入力フォーマットを設定するには、[フォーマット] オプションを使用します。
    3. ラジオ ボタン: [Element label] を「性別」として更新します。Radiobutton1 の値を「男性」に変更し、Radiobutton2 を「女性」に変更します。
    4. 日付 [Element label] フィールドに「生年月日」と入力します。
    5. テキストボックス: [要素ラベル] フィールドに「生年月日」と入力します。
    6. ドロップダウン: [要素ラベル] を「ニュースレター」として更新します。[ドロップダウン コンテンツを追加] フィールドに「毎日」、「毎週」、「毎月」、または「なし」と入力します。
      このシナリオでは、ドロップダウン要素を使用して、新規ユーザーのニュースレター オプションを作成できます。これは、選択したオプションに基づいて E メールをトリガーするために使用できます。
    7. ボタン: [ボタンのテキスト (必須)] 必須フィールドに「送信」と入力します。
    8. 別のボタン要素をドラッグして、[ボタンのテキスト (必須)] フィールドに「キャンセル」と入力します。
      [Button type] ドロップダウン メニューを使用して、[セカンダリ] に設定します。
  8. オプション: [プレビュー] をクリックします。
    この機能を使用して、ターゲット デバイスの解像度に基づいてフォームの外観をプレビューします。
  9. [保存] をクリックします。
    新しい登録フォームが作成され、bot にリンクできるようになります。
フィードバックを送る