Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

PUT メソッドでファイルをアップロード

  • 更新済み: 2022/06/30
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

PUT メソッドでファイルをアップロード

REST Web サービス パッケージの [PUT メソッド] アクションを使用して、file または text をアップロードします。

ここでは、Swagger Petstore サンプル API のエンドポイント (https://petstore.swagger.io/) を使用して、新しい file または text を multipart/form-data でアップロードする例を示します。

手順

  1. ファイルをアップロードできる API と組み合わせて [PUT メソッド] アクションを使用します。
    1. [REST Web サービス] > [PUT メソッド] アクション をダブルクリックまたはドラッグします。
    2. 以下の URI を入力します。
      https://petstore.swagger.io/v2/pet/112/uploadImage
    3. [コンテンツタイプ] ドロップダウンから、[multipart/form-data] を選択します。

    4. file パラメーターを追加し、アップロードするファイルのパスを指定します。
    5. その他必要なパラメーターを追加します。たとえば、この API では additonatalMetadata (たとえば「hello」) というテキスト入力パラメーターを採用します。追加パラメーターもアップロードされます。
  2. 出力を変数 (例: Test123) に代入します。

  3. メッセージ ボックスに出力を印刷します。

フィードバックを送る