Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

AARI Bot の編集

  • 更新済み: 2022/07/11
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • AARI

AARI Bot の編集

このタスクでは、Bot を編集してパラメーターを設定する方法と、チーム メンバーを管理する方法を説明します。

手順

  1. Web インターフェースにログインします。
  2. [マネージ] > [Bot] に移動します。
  3. 選択可能な Bot をクリックします。
    これにより、[一般] タブに [Bot を編集] ページが表示されます。
  4. [Bot 表示名] フィールドに名前を指定します。
  5. [Bot ファイル名] フィールドでファイル名を参照します。
    注: このフィールドは、この Bot ファイルの名前を参照しているため、グレー表示され、変更できません。
  6. [URI] フィールドで URI を参照します。
    注: このフィールドは、この Bot の URI を参照しているため、グレー表示され、変更できません。
  7. 任意: Bot の説明を入力します。
  8. 任意: [この Bot を仮想ウィンドウで実行する] チェックボックスをオンにします。

    この Bot を仮想ウィンドウで実行します

    このオプションをオンにすると、Microsoft Windows でピクチャ イン ピクチャ (PIP) 機能が有効になります。この機能により、Attended ユーザーが他のアプリケーションの使用を続けながら、仮想デスクトップ ウィンドウの AARI AssistantBot を実行できるようになります。AARI Assistant の詳細については、「AARI Assistant について」を参照してください。
    重要: 仮想ウィンドウには、Microsoft Windows 8、Microsoft Windows Server 12、またはそれ以降の任意のバージョンが必要です。PIP 機能を使用する際の既存の制限は次のとおりです。
    • Windows デスクトップと仮想ウィンドウで、現在のブラウザの別のインスタンスを同時に使用することはできません。

      たとえば、Windows デスクトップで Google Chrome のインスタンスを使用している場合、仮想ウィンドウで同じインスタンスを使用することはできません。仮想ウィンドウで Google Chrome を使用するには、必ずデスクトップ上でこのブラウザを終了してください。

    • 仮想ウィンドウを開始すると、接続している Global Protect ソフトウェアからログアウトされる場合があります。ただし、タスク Bot は仮想ウィンドウで実行され続けます。
    • シングル ログインが許可されるアプリケーションは、対応するメイン ウィンドウまたは仮想ウィンドウに制限されます。
    • Bot が起動すると、メイン インスタンスから完全に独立して仮想ウィンドウで実行されます。
  9. 任意: この Bot を削除するには、[Bot を削除] を選択します。

    [Bot を削除] オプション

    注意: このオプションは、Bot を完全に削除します。
  10. [チーム] タブをクリックします。
    このページでは、チーム メンバーを管理することができます。
  11. [追加] (+) ボタンをクリックします。
    この [チームを追加] ページが表示されます。
  12. 利用可能なチームを選択します。
  13. [追加と保存] をクリックして選択内容を確認します。
    これで、チームにこの Bot が割り当てられます。
  14. 任意: チームを選択し、[削除] (リサイクル) ボタンをクリックすると、チームが削除されます。
  15. 任意: 検索バーを選択し、[チーム]、[説明]、および [リクエストの可視性] の [非公開] または [共有しました] でフィルタリングします。
  16. [閉じる] をクリックします。
    設定した内容は自動的に保存されます。
フィードバックを送る