Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot Extraction360 (プレビュー) 人のユーザー

  • 更新済み: 2022/04/05
    • Automation 360 v.x
    • IQ Bot
    • Digitize

IQ Bot Extraction360 (プレビュー) 人のユーザー

必要なロール、権限、ライセンスがある場合、IQ Bot Extraction360 (プレビュー) ユーザーはさまざまなタスクを実行することができます。IQ Bot のユーザーとロールは、[管理] タブで定義されます。

IQ Bot Extraction360 (プレビュー) と対話するユーザーの各タイプに関する情報を次の表に示します。各ユーザーが行うタスクの説明、必要なロール、権限、ライセンス、そのユーザーとの関連性が最も高いページへのリンクが含まれています。下表のユーザーを作成するとき、このページを参考にしてください。ユーザーを作成

注: IQ Bot Extraction360 (プレビュー) のカスタム ロールを必要とするユーザーもいます。このロールにより、Bot のチェックインとチェックアウト、パッケージ の管理、およびドキュメントの検証を行う権限がユーザーに付与されます。カスタム ロールの作成方法については、「IQ Bot Extraction360 (プレビュー) 用カスタム ロールの作成」を参照してください。
ユーザー 説明 ロール ライセンス 関連リンク
ラーニング インスタンス作成者 ラーニングインスタンスの作成/編集/削除、処理用ドキュメントのアップロード、ラーニングインスタンスのチェックイン/チェックアウトを行うことができます。 AAE_IQ Bot ServicesAAE_Basic、および aari-document-processor カスタム ロール Bot Creator

AARI ユーザー

IQ Bot Extraction360 (プレビュー) にラーニングインスタンスを作成

IQ Bot Extraction360 (プレビュー) でのドキュメントの処理

IQ Bot Extraction360 (プレビュー) でのラーニングインスタンス アセットの構成と公開

管理者 AARI プロセスと RPA Bot を Unattended Bot Runner にデプロイする、AARI チームを管理する、検証タスクをチームに割り当てる AAE_AdminAAE_Pool Admin、および AAE_Robotic Interface Manager --

IQ Bot Extraction360 (プレビュー) 環境の設定

AARI チームの作成とメンバーへのチーム ロールの割り当て

ラーニングインスタンス アセットのデプロイ

スケジューラー Control RoomAARI が公開モードのラーニングインスタンスを AARI プロセスに接続できるようにします。
注: このユーザーは、実在の人物とは関係ありません。
AAE_IQ Bot ServicesAAE_Basic、および aari-document-processor カスタム ロール -- --
Unattended Bot Runner 公開モードのラーニングインスタンスに対して RPA Bot を実行し、ドキュメントのアップロード、処理、ダウンロードを行います。
注: このユーザーは、実在の人物とは関係ありません。
AAE_IQ Bot ServicesAAE_Basic、および aari-document-processor カスタム ロール
注: このユーザーを構成するとき、デバイスの資格情報を入力します。「IQ Bot Extraction360 (プレビュー) 環境の設定」のいずれかのステップで、Unattended Bot Runner ユーザーをデバイスに接続します。
Unattended Bot Runner --
検証ツール 公開モードのラーニングインスタンスによって処理されたドキュメントを検証します。 AAE_IQ Bot ValidatorAAE_Robotic Interface User AARI ユーザー IQ Bot Extraction360 (プレビュー) でのドキュメントの検証
フィードバックを送る