Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot Extraction360 (プレビュー) でのラーニングインスタンス アセットの構成と公開

  • 更新済み: 2022/05/04
    • Automation 360 v.x
    • IQ Bot
    • Digitize

IQ Bot Extraction360 (プレビュー) でのラーニングインスタンス アセットの構成と公開

ソース フォルダーからラーニングインスタンスにドキュメントをアップロードする Bot をビルドします。次に、ラーニングインスタンス アセット (プロセス、フォーム、Bot) を公開リポジトリに公開し、ラーニングインスタンスを公開モードで使用して実際のドキュメントからデータを抽出し、検証ツールがドキュメントを手動で検証することができるようにします。

手順

  1. Extraction-Scheduler Bot をビルドし、ラーニングインスタンスへのドキュメントのアップロードを自動化します (IQ Bot Extraction360 (プレビュー) にドキュメントをアップロードする Bot のビルド)。
  2. プロセスを公開します。
    プロセスと Bot を構成してテストしたら、プロセスをチェックインします。Bot とフォームは自動的に依存関係として追加されます。
    1. ラーニングインスタンスと同じ名前のフォルダーに移動します。
    2. プロセスの右側にある三重楕円にマウスを合わせて、メニューを開きます。
    3. [プロセスをチェックイン] をクリックします。
      [プロセスをチェックイン] ページが開き、Bot とチェックイン対象のフォームも自動選択されます。
    4. [チェックイン] をクリックします。
    Control Room がチェックイン プロセスを完了すると、ラーニングインスタンスと同じ名前のフォルダーが公開リポジトリの IQ Bot プロセス フォルダー内に配置されます。
  3. Extraction-Scheduler Bot を公開します。
    1. [非公開] タブで Extraction-Scheduler Bot を見つけます。
    2. Bot の右側にある三重楕円にマウスを合わせて、メニューを開きます。
    3. [タスク Bot をチェックイン] をクリックします。
      [タスク Bot をチェックイン] ページが開き、Bot が自動選択されます。
    4. コメントを追加して [チェックイン] をクリックします。

次のステップ

ラーニングインスタンス アセットのデプロイ: Admin ユーザーとしてログインし、ドキュメントがリアルタイムで構成されるように IQ Bot を構成します。

フィードバックを送る