Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

EnhanceImage アクション の画像補正オプション

  • 更新済み: 2022/03/16
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • IQ Bot

EnhanceImage アクション の画像補正オプション

利用可能な追加オプションを使用して、EnhanceImage アクション でアップロードした画像の品質を向上させることができます。

オプション 使用
グレースケール 画像のカラー ピクセルをグレースケールに変換します。

推奨: カラー画像をグレースケールに変換し、OCR の抽出精度を向上させます。

ぼかし

ピクセル化された領域をスムーズにして、画質を向上させます。

推奨値: アップロードされた画像のピクセル サイズより小さい奇数 (3、7、11 など) を指定します。

シャープ

元の画像の歪んだ部分やぼやけた部分を削除して、鮮明さを改善します。

たとえば、ImageA という画像ファイルがあるとします。このイメージに「ガウスぼかし = 5」を適用すると、このイメージをぼかした ImageB というバージョンが作成されます。次の [シャープ] パラメーターを使用できます。

  • アルファ: 3
  • ベータ: -1
  • ガンマ: 0

出力式は次のようになります。

出力 = ImageA * アルファ + ImageB * ベータ + ガンマ

各値の意味は次のとおりです。

  • ImageA: 1 番目の入力配列 (入力画像)
  • アルファ: 1 番目の配列要素の重み
  • ImageB: ImageA と同じサイズおよびチャネル番号を持つ 2 番目の入力配列画像
  • ベータ: 2 番目の配列要素の重み
  • ガンマ: 各合計に追加されたスカラ
注: 前述の式の主な用途は、元の画像からぼかしを削除して画像をシャープにすることです。

推奨値:

  • ガウスぼかし: 0 ~ 10
  • アルファ: 1 ~ 15
  • ベータ: -0.5 ~ -5
  • ガンマ: 0 ~ 50
ノイズ除去

グレースケールでないピクセルをスムーズにして、画像の歪みや斑点を取り除きます。

推奨値21.ただし、アップロードされた画像のピクセル サイズより小さい限り、任意の奇数にすることができます。

コントラスト

ピクセルのコントラストを増減します。値の範囲は 0 (変化なし) ~ 2 (最大コントラスト) です。

推奨値: 0.8 から 2 まで。

輝度 画像内のすべてのピクセルの輝度レベルを増減します。値の範囲は -100 (最小コントラスト) ~ 100 (最大コントラスト) で、0 は変化がないことを表します。

推奨値: 0 から 100 まで

しきい値 画像セグメンテーションの一種。しきい値は、元の画像のピクセル強度にしきい値を設定することで、白黒 (バイナリ) 画像を作成する画像処理方法です。画像処理において、しきい値は通常、オブジェクトや前景ピクセルを背景から分離するために使用されます。 たとえば、以下の画像は、それぞれ 200 と 100 をしきい値として使用して処理されています。

しきい値

推奨値0 から 255 まで

RGB を削除 カラー画像のピクセルに上限値と下限値を指定します。カラー画像のピクセルは、赤、緑、青 (RGB) の 3 つの原色チャネルで表されます。このエフェクトの出力は、ピクセルが黒 (0) または白 (255) のバイナリ画像です。200 から 255 の範囲の高輝度の赤のピクセルを白 (255) に変換するシナリオを検討してください。赤の下限を (200,0,0) に、上限を (255,0,0) に設定できます。
フィードバックを送る