Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot Extraction360 (プレビュー) の AARI プロセスについて

  • 更新済み: 2022/03/24
    • Automation 360 v.x
    • IQ Bot
    • Digitize

IQ Bot Extraction360 (プレビュー)AARI プロセスについて

IQ Bot Extraction360 (プレビュー) でラーニングインスタンスを作成すると、システムによって Bot を管理するための AARI プロセスも作成されます。以下のガイドを確認し、ロジックを理解してください。

AARI プロセスがラーニングインスタンスに関連する Bot を管理します

  1. ExtractionBot: 入力されたドキュメントを処理そこからデータを抽出する RPA Bot。
  2. ドキュメントに検証が必要: ExtractionBot がドキュメントの処理を試みた後、検証のためにドキュメントを送信して、ドキュメントが正常に検証され、抽出されたデータを DownloadBot が Success サブフォルダーにダウンロードしました。
  3. 無効なドキュメント: ユーザーが特定のドキュメントを無効としたため、前のプロセスが検証時に中断されました。これらのドキュメントが、ダウンロードした Invalid サブフォルダーにダウンロードされました。
  4. 再処理されたドキュメント: ユーザーが [再処理] をクリックしたため、前のプロセスが検証時に中断されました。ドキュメントが再処理のために ExtractionBot に戻されました。
  5. 正常に処理されたドキュメント: ExtractionBot がドキュメントを正常に処理しました。検証が必要なドキュメントはなく、抽出されたデータを DownloadBot がダウンロードしました。
  6. 処理に失敗: ExtractionBot がドキュメントの処理に失敗し (例: フォーマットが無効、ファイルを読み取れなかった)、ファイルが Failed サブフォルダーに保存されました。
  7. デプロイに失敗: Control Room が ExtractionBot のデプロイに失敗しました (例: サーバー接続が失われた)。Control Room は 3 回試行します。
フィードバックを送る