Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[データの抽出] アクション の使用

  • 更新済み: 2022/04/11
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • IQ Bot

[データの抽出] アクション の使用

タスク Bot は [データの抽出] アクション を使用して、IQ Bot にアップロードされたドキュメントを処理します。

ラーニング インスタンスを IQ Bot Extraction360 (プレビュー) で作成する場合、Control Room は自動的に extractionbot を作成します。この Bot を編集するには、[オートメーション] > [IQ Bot プロセス] に移動し、ラーニング インスタンスと同じ名前のフォルダーを選択して、extractionbot を開きます。

次の表では、アクション の各フィールドについて説明します。
注: プロセスを中断する可能性があるため、これらのフィールドの変数を変更することはお勧めしません。
フィールド 説明
抽出するドキュメント アップロードされたドキュメントのファイル パス
ラーニングインスタンス名 この Bot に関連付けられているラーニング インスタンスの名前
出力の結果 IQ Bot データを保持する場所を指定します。
  • IQ Bot サーバーにアップロード: 抽出中に生成されたデータは、さらに処理 (検証など) するためにサーバーにアップロードされ、後で [データのダウンロード] アクション を実行する Bot によってダウンロードされます。
  • ローカル フォルダーへ保存: IQ Bot によって生成されたデータはサーバーに送信されず、指定されたフォルダー パスに保存されます。
    注: このオプションを選択すると、IQ Bot は検証のためにファイルを送信しません。IQ Bot サーバーを使用する必要があるためです。また、このオプションを選択すると Bot が冗長になるため、プロセスから [データのダウンロード] アクション を実行する Bot を削除できます。
サービス アカウント この Bot に関連付けられているラーニング インスタンスが受信確認を処理する場合は、[選択] をクリックして、DocAI セキュリティ トークンを含む資格情報を選択します。
Document AI エンドポイント URL この Bot に関連するラーニング インスタンスが受信確認を処理する場合は、Document AI にアクセスするための Google サービス アカウントの URL を指定してください。
フィードバックを送る