Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

[データのダウンロード] アクション の使用

  • 更新済み: 2022/04/11
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • IQ Bot

[データのダウンロード] アクション の使用

タスク Bot は、[データのダウンロード] アクション を使用して、IQ Bot で正常に処理されたドキュメントからデータをダウンロードします。

IQ Bot Extraction360 (プレビュー) でラーニングインスタンスを作成すると、Control Room は自動的に downloadbot を作成します。この Bot を編集するには、[オートメーション] > [IQ Bot プロセス] に移動して、ラーニングインスタンスと同じ名前のフォルダーを選択し、プロセスを開きます。デフォルトでは、このプロセスには 4 つの downloadbot が含まれています。出力形式は、Bot で編集可能です。CSV から JSON への出力形式の変更
警告: プロセス内の Bot のみを編集してください。ラーニングインスタンスと同じ名前のフォルダー内の downloadbot を編集することはお勧めしません。
次の表は、[データのダウンロード] アクション の各フィールドについて説明したものです。
フィールド 説明
ドキュメント ID ダウンロードするドキュメント
ドキュメント タイプ 出力のファイル タイプ:
  • 出力ファイル (CSV): 正常に処理されたドキュメントを CSV 形式でダウンロードするために使用します。
  • 出力ファイル (JSON): 正常に処理されたドキュメントを JSON 形式でダウンロードするために使用します。
  • 入力ファイル: 失敗したドキュメントをアップロードされたファイル タイプでダウンロードするために使用します。
出力フォルダー パス ドキュメントをダウンロードするファイル パスを指定します。
ファイルを削除 ダウンロードされたファイルを IQ Bot サーバーから削除します。
フィードバックを送る