Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot Pre-processor package

  • 更新済み: 1/12/2021
    • Automation 360 v.x
    • 構築
    • IQ Bot

IQ Bot Pre-processor package

IQ Bot Pre-processor packageを使用して、ドキュメントからコンテンツを抽出するか、画像ファイルを Automation 360 IQ Bot に送信する前に処理します。

注: IQ Bot Pre-processor packageは、標準の Automation 360 IQ Bot のインストールの一部としては使用できません。Automation Anywhere のサポートサイトに移動して、package をダウンロード (A-People Downloads page (Login required)) してインストールします。

この packageAutomation 360 にアップロードして action を有効にする必要があります。

Control Room にパッケージを追加

インストール後、Control Room で次のパスに従ってpackageを見つけることができます ([Bot] > > [パッケージ] > > [2019 年のすべてのパッケージのリスト])。

次のコマンドをエラーなく使用できるよう、Windows Media Foundation プラットフォームが Bot Runner マシンにインストールされていることを確認してください。

[IQ Bot Pre-processor] package内のActions

下表は、画像ファイルの処理に使用するactionsの一覧です。
Actions 説明
連結イメージ [連結イメージ] actionの使用」をご覧ください。
画像を PDF に変換 [画像を PDF に変換]action の使用」をご覧ください。
画像を編集 [画像を編集] actionの使用」をご覧ください。
画像のエンハンスメント [画像を補正] actionの使用」をご覧ください。
画像の方向 [画像の方向] actionの使用」をご覧ください。
下表は、ドキュメントからコンテンツを抽出するために使用するactionsの一覧です。
Actions
バーコードを取得 [バーコードを取得] actionの使用」をご覧ください。
ドキュメント情報を取得 [ドキュメント情報を取得] actionの使用」をご覧ください。
ページコンテンツを取得 [ページ コンテンツを取得] actionの使用」をご覧ください。
フィードバックを送る