Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot の機能比較表

  • 更新済み: 2022/04/06
    • Automation 360 v.x
    • IQ Bot
    • Digitize

IQ Bot の機能比較表

Automation 360 IQ BotIQ Bot Extraction360 (プレビュー) の機能を比較することで、その違いを確認します。

Automation 360 IQ Bot IQ Bot Extraction360 (プレビュー)
管理と設定
インストール 独立したインストーラー Control Room の一部としてインストールされる
データベース管理 個別のデータベース。バックアップとメンテナンスに関する追加の作業が必要 Control Room を使用。追加のバックアップまたはメンテナンス作業は不要
サーバー構成 広範な SSL 構成、RabbitMQ の管理、HA と DR 追加設定なしですぐに使用可能
ラーニングインスタンスの構成
エイリアス管理 (キーワード) フィールド エイリアスを追加/削除できない ユーザーがフィールド エイリアスを表示/追加/削除可能
信頼度に基づくしきい値 (%): 追加設定なしですぐに使用することはできない、サーバー レベルの構成 誤検出の結果を捕捉するのに役立つ、フィールド レベルの構成
フィールドの順序とフィールド名のカスタマイズ NA 検証効率の向上に役立つ
フィールド構成 すべてのグループで実施する必要がある 一度だけ行う必要がある
フィールドを削除できるかどうか いいえ はい
OCR エンジンを変更できるかどうか いいえ はい
出力形式 CSV のみ CSV または JSON
人間によるレビューと検証
検証キュー管理 いいえ フィルタや検索を利用して、特定のラーニングインスタンスやドキュメントを探す
RBAC いいえ カスタム ロールにラーニングインスタンスを割り当てる
エンド ツー エンドのオートメーション
タスク Bot 手動で作成する必要あり Control Room により、ラーニングインスタンスのタスク Bot が自動的に作成される
アップロードされたドキュメントのステータスや履歴を参照する いいえ はい
カスタマイズ可能なドキュメント処理ワークフロー いいえ ワークフローで人間によるレビューを可能にする IQ Bot 専用オプション
クラウドのサポート
クラウドネイティブ導入 仮想マシンを介してのみ Docker コンテナ
サンドボックスのサポート いいえ はい
GCP のサポート いいえ はい
セキュリティ
保持ポリシー いいえ AARI ストレージでサポート
フィードバックを送る