Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Bot Insight ダッシュボード

  • 更新済み: 2022/05/17
    • Automation 360 v.x
    • 最適化
    • RPA Workspace
    • 概要

Bot Insight ダッシュボード

Bot Insight ダッシュボードでは、専用のグラフィカルなインサイトが提供され、Bot に関する情報を表示できます。

ダッシュボードは、有用な画像とグラフを表示し、重要な情報を分析、解釈し、それらに対処することができます。アクティブなユーザー、失敗したタスク、アプリ、BotBot のスケジュール、ワークフロー、キュー、デバイス全体のステータスなど、動的に更新される情報を活用して、カスタム ダッシュボードやウィジェットを作成できます。

制約事項: 分析の実行時にダッシュボードを生成するには、分析パッケージのバージョン 2.3.0-20210922-121532 以降を使用する必要があります。
記載されているパッケージのバージョンは、.23 リリース以降で利用可能です。必要なパッケージの適用方法は、以下のとおりです。
  1. Control Room から、[マネージ] > [パッケージ] > [分析] を選択します。
    location of Analyze package version
  2. 分析パッケージのバージョンを 2.3.0-20210922-121532 以降に変更します。
  3. 変更内容を保存します。
  4. Bot を実行し、ダッシュボード生成への変更を確認してください
注: 公開されたワークスペースで変更を適用するには、分析を実行する前に Botチェックインしてください。

Bot を作成して実行すると、Bot Insight によりデフォルトのダッシュボードが自動作成されます。親 Bot と子 Bot がある場合、Bot Insight では Bot ごとに個別のダッシュボードが作成されます。

Bot Runner マシンに Bot をデプロイして実行すると、Bot Insight ではその Bot に関連するすべての情報が集約されます。Bot の公開済みダッシュボードには、Bot に関する集約された情報が表示されます。

[マイ ダッシュボード] には、以下のダッシュボードが表示されます。
注: 公開済みダッシュボードを表示するには、AAE_Bot Insight Admin または AAE_Bot Insight Consumer のいずれかのロールが必要です。
フィードバックを送る