Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

AARI A360.21 またはそれ以降のバージョンにおけるアップグレードの変更点

  • 更新済み: 2022/06/17
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • AARI

AARI A360.21 またはそれ以降のバージョンにおけるアップグレードの変更点

バージョン A360.21 以降では、Web インターフェースにおける AARI でのチームワークの方法が変更されています。高度なチーム管理により、ビジネス マネージャーはリクエストを作成する方法を定義できるようになりました。さらに、リクエストを表示または削除できるユーザーを指定することもできます。

プロセスへの何らかのアクセス権を持っていたユーザーや、プロセスからリクエストを作成したユーザー (既存のチーム割り当てに関係なく) の既存の動作に不連続性をなくすため、次の条件が維持されます。

  • 特定のプロセスに対するリクエストを作成するためのユーザー アクセス権は保持されます。
  • ユーザーが所属していたチームに関係なく、あるプロセスからリクエストを表示するためのユーザー アクセス権も保持されます。

既存のチームの変更点

プロセスへの現在のアクセス権や現在のチームを維持するため、既存のチームは以下の状態が維持されます。

  • チームに割り当てられている既存のプロセス。
  • チームに割り当てられている同じメンバー。
  • チーム タイプは共有に設定されます。これにより、チームの全メンバーが移行されたプロセスやリクエストを表示できるようになります。
  • チームのメンバーは、以下のいずれかのチーム ロールを持ちます。
    • AARI マネージャーまたは AARI 管理者 - 管理者の役割