Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

AARI プロセスの編集

  • 更新済み: 2022/03/31
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • AARI

AARI プロセスの編集

このタスクでは、プロセスを編集してプロセス キーを作成する方法、デフォルト チームを設定する方法、プロセスの削除オプションを有効にする方法について説明します。

手順

  1. Web インターフェースにログインします。
  2. [マネージ] > [プロセス] に移動します。
  3. 利用可能なプロセスをクリックします。
    これにより、[一般] タブに [プロセスを編集] ページが表示されます。
  4. [プロセス名] フィールドで名前を指定します。
  5. 任意: [説明] フィールドで説明を指定します。
  6. [プロセス キー] フィールドにお客様のキー (該当する場合) を入力します。
    重要: プロセス キーは、アルファベット順に並んだ 1 ~ 5 文字にする必要があります。プロセス キーは一度だけ定義することができ、定義した後ユーザーが変更することはできません。
  7. [タグ] フィールドでプロセスにタグを追加します。
  8. [デフォルトのチーム] フィールドでチームを指定します。
    デフォルトでは、プロセスに追加された最初のチームが、自動的にデフォルトのチームとして設定されます。ドロップダウン メニューから選択することで、チームを変更することができます。
    重要: デフォルトのチームは、プロセスから削除できません。管理者がデフォルトのチーム (チーム 1 など) を削除するには、別のチーム (チーム 2 など) をデフォルトのチームとして設定した後、元のチーム (チーム 1 など) をプロセスから削除する必要があります。

    例: ドロップダウン メニューで [採用担当者] を選択できます。

  9. [リクエスト作成] フィールドで、[ユーザーごと] および [Bot ごと] のどちらかを選択します。
  10. [リクエストの保持] フィールドで次の操作を行います。
    • ドロップダウン メニューから [無効]、[即時]、または [カスタム] を選択し、完了したリクエストを [リクエスト] ページから [ごみ箱] に移動するかどうかを指定します。

      例: [無効] を選択してリクエストが [ごみ箱] に移動されないようにするか、[即時] を選択して、現在完了しているすべてのリクエストがすぐに移動されるようにすることができます。

    • 2 番目のドロップダウン メニューから [即時] または [カスタム] を選択し、リクエストが [ごみ箱] から完全に削除されるまでの日数を指定します。

      例: [カスタム] オプションを選択し、[30] を指定すると、リクエストが 30 日後に [ごみ箱] から削除されることを表します。

    • 未解決のリクエストを [ごみ箱] に移動できるようにするには、チェックボックス オプションを選択します。
  11. [閉じる] をクリックします。
    設定した内容は自動的に保存されます。
フィードバックを送る