Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot Extraction360 (プレビュー) 用カスタム ロールの作成

  • 更新済み: 2022/04/05
    • Automation 360 v.x
    • インストール
    • IQ Bot

IQ Bot Extraction360 (プレビュー) 用カスタム ロールの作成

カスタム ロールを持つ IQ Bot Extraction360 (プレビュー) ユーザーは、Bot のチェックインとチェックアウト、パッケージ の管理、およびドキュメントの検証を行うことができます。

手順

  1. [管理] > [ロール] > [ロールを作成] に移動します。
  2. ロールの名前を指定します (aari-document-processor など)。
  3. [機能のアクセス許可] ページで、以下を選択します。
    • マイ Bot を表示
    • マイ Bot を実行
    • Bot をエクスポート
    • Bot をインポート
    • フォルダーを作成
    • フォルダー名を変更
    • チェックアウトをキャンセル
    パッケージ
    • パッケージを表示
    • パッケージをマネージ
    Automation Anywhere Robotic Interface
    • チーム間管理
    • AARI スケジューラー
  4. [Bot 権限] ページの [Bot] 行にあるすべてのチェック ボックスをオンにします。
  5. [保存] をクリックしてロールを作成します。

次のステップ

ユーザーを作成し、このカスタム ロールを割り当てます。必要なユーザーの詳細については、「IQ Bot Extraction360 (プレビュー) 人のユーザー」を参照してください。

フィードバックを送る