Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

AARI Web package

  • 更新済み: 2021/11/08
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • RPA Workspace
    • プロセス フロー

AARI Web package

AARI on the web package には、Control Room ユーザーが、リクエスト、タスク、チーム メンバーに基づいて作業できるように bots を設定できる actions が含まれます。

開始前

このpackageを実行するには、次の条件のいずれかを満たしていることを確認してください。

条件 1
  • 割り当てられたチームのプロセスへのアクセス。
  • AARI ユーザー ライセンスへのアクセス。
  • AARI ユーザー用にシステムで作成された AAE_Robotic_Interface User ロール。
条件 2
  • Bot Runner ライセンス (Attended または UnAttended) または Bot Creator ライセンスへのアクセス。
  • [マイ Bot を表示] および [マイ Bot を実行] 権限のあるユーザー作成ロール。

[AARI on the web] package内のActions

AARI on the web packageには以下のactionsが含まれています。

Action 説明
タスクを割り当てる タスクにオプションを割り当てます。
  • [割り当てるタスク ID] フィールドで値を指定します。
  • [タスクに割り当てるユーザー ID] フィールドで値を指定します。

    タスクとユーザー ID については、[変数] または [グローバル値] オプションから値を選択できます。変数オプションでは、時間 (分、時間、日、月、年など) やシステム使用量 (CPU、RAM) などの定義済みの変数を追加できます。

  • 任意: [変数に結果を代入します] フィールドで変数を割り当て、出力として保存します。

    出力は文字列の値として保存されます。

タスクをキャンセル タスクをキャンセルします。
  • [キャンセルするためのタスク ID] で値を指定します。

    タスクについては、[変数] または [グローバル値] オプションから値を選択できます。変数オプションでは、時間 (分、時間、日、月、年など) やシステム使用量 (CPU、RAM) などの定義済みの変数を追加できます。

  • 任意: [変数に結果を代入します] フィールドで変数を割り当て、出力として保存します。

    出力は文字列の値として保存されます。

リクエストを作成 リクエストを作成します。
  • [公開プロセス] フィールドには、Uniform Resource Identifier (URI) を指定します。
    重要: 公開リポジトリの URI は repository:///Automation%20Anywhere/Bots/My%20Folder/My%20Process%20File というパターンになり、空白文字 は %20 に置き換えられます。AARI 管理者は、[プロセスの URI をクリップボードにコピー] 機能を Web インターフェースの [プロセス設定] ページで使用し、URI データを取得できます。
  • [公開プロセス] フィールドで、公開プロセスを参照して選択します。
  • [入力値] フィールドで、変数の入力値を指定します。
    • 変数: カスタム変数を入力します。
    • ディクショナリ: [タイプ]、[キー]、および [] のフィールドに変数情報を入力します。

      [タイプ] フィールドで、[任意]、[文字列]、[数値]、[日時]、または [Boolean] のいずれかを選択できます。

    • 任意: [追加] フィールドでディクショナリ変数を追加します。
  • 任意: [リクエスト ID の割り当て先] フィールドで変数を割り当て、出力として保存します。

    出力は ID 値として保存されます。

ストレージ ファイルを取得 bot デバイスにストレージ ファイルをダウンロード
  • ストレージ ファイルの URI を [変数] フィールドに指定します。
    ファイルの入力変数を入力します。
    重要: [変数] オプションのみを使用し、変数はプロセスから入力されるファイル入力値にする必要があります ([ヒューマン タスク] の [ファイルを選択])。[Control Room ファイル] と [デスクトップ ファイル] オプションを使用しないでください。
  • [保存するローカル デバイスのファイルのフル パス] で、ファイルを保存するパスを指定します。

    [変数] または [グローバル値] を選択できます。変数オプションでは、ユーザー定義の値、クリップボード、文字列 (Enter、改行、区切りなど)、システム (タスク名、Control Room URLなど)、定義済み変数パッケージ (日付、分、日、時間、IP アドレス、オペレーティング システムなど)、テーブル分析値を追加できます。

  • 任意 [結果] フィールドで変数を選択します。

    出力は変数として保存されます。

リクエストをクエリ ユーザーは、カスタム フィルターを使用してリクエストのクエリを行えます。
  • ファイルを選択します。
    注: プロセスとリクエストのタイトル、タグ、ID、チーム名、PII タグのフィルタには、同じオプション リストがあります。
  • [リスト] または [変数] フィールドで文字列の値を指定します。
    • [リスト] または [変数] フィールドでタイプを指定します。
    • リスト: [タイプ]、[0 の値] フィールドに値の情報を入力します。
    • 任意: [追加] フィールドに、さらに値を追加します。
    • 変数: カスタム変数を入力します。
  • [リクエスト ステータス] フィールドでステータスを選択します。

    [オープン済み]、[成功]、[エラー]、[キャンセル] を選択できます。

  • [ページ] フィールドに値を指定します。
    • [テーブルはデータのオフセットから開始する] フィールドに値を入力します。
    • [1 ページあたりの行数] フィールドに値を入力します。

      デフォルト値は、行数に対して [200] に設定されています。

  • [ソート] フィールドでオプションを指定します。
    • [方向] フィールドで、[降順] または [昇順] を選択します。

      デフォルト値は、方向の [降順] に設定されています。

    • [ソートする列を選択] フィールドでオプションを選択します。

      プロセスのタイトル、リクエストの作成、ID、タイトル、ステータス、または PII タグのいずれかを選択できます。

    • [二次ソートを有効にする] を選択し、[方向] と [ソートする列を選択] フィールドを指定します。
  • [変数に結果を代入します] フィールドで変数を割り当て、出力として保存します。

    出力はテーブル値として保存されます。

タスクをクエリ ユーザーは、カスタム フィルターを使用してタスクのクエリを行えます。
  • ファイルを選択します。
    注: プロセスとリクエストのタイトル、タグ、ID、ステータス、 チーム名、PII タグのフィルタは同じオプション リストを提供します。
  • [リスト] または [変数] フィールドで文字列の値を指定します。
    • [リスト] または [変数] フィールドでタイプを指定します。
    • リスト: [タイプ]、[0 の値] フィールドに値の情報を入力します。
    • 任意: [追加] フィールドに、さらに値を追加します。
    • 変数: カスタム変数を入力します。
  • [リクエスト ステータス] フィールドでステータスを選択します。

    [オープン済み]、[成功]、[エラー]、[キャンセル] を選択できます。

  • [タスクの状態] フィールドでステータスを選択します。

    [IN_PROGRESS] と [COMPLETED] を選択できます。

  • [ページ] フィールドに値を指定します。
    • [テーブルはデータのオフセットから開始する] フィールドに値を入力します。
    • [1 ページあたりの行数] フィールドで値を更新します。

      デフォルト値は、行数に対して [200] に設定されています。

  • [ソート] フィールドで次のオプションを指定します。
    • [方向] フィールドで、[降順] または [昇順] を選択します。

      デフォルト値は、方向の [降順] に設定されています。

    • [ソートする列を選択] フィールドでオプションを選択します。

      リクエストおよびタスク ID、タイトル、作成、ステータス、PII タグから選択できます。

    • [二次ソートを有効にする] を選択し、[方向] と [ソートする列を選択] フィールドを指定します。
  • [変数に結果を代入します] フィールドで変数を割り当て、出力として保存します。

    出力はテーブル値として保存されます。

チームメンバー チームのメンバーのリストを取得します。
  • [チーム メンバーをクエリするためのチーム ID を付与します] で値を指定します。

    付与チーム IDについては、[変数] または [グローバル値] オプションから値を選択できます。変数オプションでは、時間 (分、時間、日、月、年など) やシステム使用量 (CPU、RAM) などの定義済みの変数を追加できます。

  • [変数に結果を代入します] フィールドで変数を割り当て、出力として保存します。

    出力はテーブル値として保存されます。

フィードバックを送る