Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

参照 ID のプロパティ

  • 更新済み: 2022/03/22

    参照 ID のプロパティ

    参照 ID は、関連するプロセスおよびリクエストを識別するのに役立つ一意のキー参照です。参照 ID は、チーム、プロセス、Bot でも異なります。

    概要

    参照 ID の主な目的は、ユーザーが関連するすべてのプロセスと、プロセスから作成されたリクエストの数をすばやく識別できるようにすることです。

    リクエスト

    参照 ID は、ユーザーがプロセスを編集するときに入力できる一意のテキスト入力であるプロセス キーから作成されます。ユーザーがプロセス キーを構成すると、それらのプロセスに対応するプレフィックスが作成されます。

    主な機能強化:
    • [リクエスト] ページの [参照] 列には、参照 ID の数値 (例: 2-4298-10MAIN-5) が表示されます。
    • プロセス キーとリクエストの反復処理の番号は、ユーザーが、特定のプロセスの多くのリクエストの中で連続した一貫性を識別するのに役立ちます (たとえば、FIN プロセス キーを持つ Finance プロセスと新規リクエストの番号は、FIN-1FIN-2FIN-3FIN-10 のように表示されます)。

    URL の機能強化:
    • リクエスト URL は、entity/ref/:ref から entity/:id に変更されました。
    • ユーザーは、参照 ID を入力すれば自分のリクエストに直接アクセスすることができます (例: /aari/#/requests/all#/requests/ref/2-34)。
    • ユーザーが [リクエスト ID] を使用してリクエストを開いた場合、[参照] を使用して URL にリダイレクトされます。たとえば、リクエストの [リクエスト ID] が 896 で、[参照] が 2-34 だとします。ユーザーが [参照 ID] (/aari/#/requests/all#/requests/896) を使用してリクエストを表示した場合、[参照] (/aari/#/requests/all#/requests/2-34) を使用して URL にリダイレクトされます。

    シナリオ - 参照 ID を表示するためのプロセス キーを作成する

    1. Beta プロセスを編集して、ALPHA という名前のプロセス キーを作成します。
    2. Beta プロセスから複数のリクエストを作成します。
    3. Beta プロセスから作成された各リクエストに対して、ALPHA プロセス キーを 1 回反復処理します。
    4. リクエスト ページにアクセスし、[参照] 列を表示します。
    5. [参照] 列には、ALPHA-1ALPHA-2ALPHA-3 と表示されます。これは参照 ID です。
    6. すべての関連するプロセスの参照 ID を表示できるようになりました。

    Bot/プロセス/チーム

    Botプロセスチームの場合、機能がリクエストと異なります。前の環境の [リクエスト ID] は [参照 ID] に置き換えられました。これは、参照番号に論理的なシーケンスを持たせることによって単一テナントのエクスペリエンスを向上させるためです。

    URL の機能強化:
    • [プロセスを編集] ページに、更新された URL が表示されるようになりました (例: /aari/#/manage/process/ref/96)。ここでユーザーは、[参照 ID] を入力するとプロセスに直接アクセスできます。
    • [チームを編集] ページに、更新された URL が表示されるようになりました (例: /aari/#/manage/team/ref/123)。ここでユーザーは、[参照 ID] を入力するとチームに直接アクセスできます。
    フィードバックを送る