Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

チーム管理

  • 更新済み: 2021/12/09
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • AARI

チーム管理

チーム管理は、Web インターフェースにおける AARI の重要な機能です。リクエストとプロセスの割り当て基準は、チーム設定により異なります。

概要

AARI で構成可能なチームは、ビジネス マネージャーが以下の側面を定義するのに役立ちます。

  • リクエストの作成方法
  • リクエストを他のユーザーに表示する方法
  • リクエストの読み取り、更新、削除を実行できるユーザー

チーム構造

チームには、管理者、所有者、メンバーという特定のチーム ロールを持つユーザーが含まれています。管理者はチームを変更できます。デフォルトでは、AARI マネージャーはチームの管理者です。新しいチームの作成、既存のチームの管理、メンバーへのチーム ロール (管理者、所有者、メンバー) の割り当て、チームへのメンバーの追加を行うことができます。AARI マネージャーは管理者として、他の管理者をチームに追加できます。チームには複数の管理者を追加することができますが、少なくとも 1 人の管理者が必要です。プロセスにアクセスして新しいリクエストを作成するには、AARI マネージャーが AARI 管理者にリクエストして、AARI マネージャーのチームをプロセスに割り当てる必要があります。

AARI 管理者は、同じようなロール (カスタム ロール) を持つ複数のユーザーを同時に AARI チームに追加することもできます。Control Room のカスタム ロールは、AARI on the web のチームと一致しており、強化されたチーム設定の動作は次のようになります。

  • カスタム ロールで追加されたユーザーには、チーム内の [メンバー] ロールが割り当てられます。このロールは、[所有者] または [管理者] に変更することはできません。
  • カスタム ロールで追加されたこれらのユーザーは、[マネージ] > [チーム] ページの [ユーザー] タブで表示できません。
  • ユーザーがカスタム ロールを通じて追加され、チームに手動でも追加された場合、チームでのロールは、手動で割り当てられたロールと同じになります。たとえば、ユーザーが [メンバー] である場合、そのユーザーは引き続き [メンバー] ロールを持ち続け、ユーザーが所有者の場合はチームの [所有者] ロールが割り当てられます。
  • ユーザーがカスタム ロールに属さなくなった場合、そのユーザーはチームにも属さなくなります。

たとえば、Control Room でカスタム ロール (aari_role_finance) を作成し、必要なユーザー (aari_user1、aari_user2、aari_mngr1) をこのロールに追加します。AARI on the web のチームにこのカスタム ロール aari_role_finance を追加できるようになりました。このロールに関連付けられたユーザーは、自動的にチームに追加されます。ユーザー (aari_user1、aari_user2、aari_mngr1) のチーム ロールは [メンバー] です。これらのユーザーのチーム ロールは、[メンバー] から [管理者] または [所有者] に変更することができません。aari_user2 が aari_role_finance の一部として追加されただけでなく、[ユーザー] タブで手動でも追加され、ロールが [所有者] の場合、このユーザーのチーム ロールは [所有者] として保持されます。

チーム タイプ

各チームには、特定のチーム タイプ ([共有しました] または [非公開]) が設定されます。そのタイプに応じて、そのチームのメンバーが表示およびアクセスできるリクエストが異なります。

  • [共有しました]: そのチームの管理者、所有者、およびメンバーは、すべてのリクエストを表示できます。
  • [非公開]: リクエストは、そのリクエストを作成したユーザーと、チームの所有者および管理者のみ表示できます。

チーム ロールは、ユーザーに割り当てられている Control Room ロールに基づいています。各チーム ロールには、そのロールが実行可能な権限とアクションのサブセットがあります。これらの権限セットは、共有チーム タイプと非公開チーム タイプの間で異なります。

フィードバックを送る