Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

プロセスをデプロイする

  • 更新済み: 2022/03/10
    • Automation 360 v.x
    • ビルド
    • AARI
    • 概要

プロセスをデプロイする

Web インターフェース上の AARI には、プロセスの整理、リクエストの作成、タスクの実行と表示を行う専用のワークスペースが用意されています。マネージャーは、新しいチームを作成し、チームのロールやタスクのデプロイを管理することができます。

チェックインしたプロセスは Web インターフェース上で利用でき、チームに割り当てることで、チーム メンバーがリクエストを作成してタスクを完了させることができるようになります。

プロセスのデプロイに関わる主なコンポーネントは、以下の 3 つです。

デプロイ ワークフロー

次のワークフローは、Web インターフェースを使用してプロセスをデプロイする際の手順を説明しています。

  1. AARI チームの作成とメンバーへのチーム ロールの割り当て
  2. プロセスへの AARI チームの割り当て
  3. リクエストの作成とタスクの完了

その他のタスク

要件に応じて、以下のタスクを実行することもできます。

  • AARI マネージャーは、チーム メンバーにタスクを割り当てたり、割り当てを解除したりできます。

    タスクの割り当てまたは割り当て解除

  • メモリ スペースをクリアするには、AARI ユーザー、マネージャー、または管理者が不要になったリクエストを削除します。

    リクエストの削除

  • リクエスト作成時にプロセスを選択しやすくするため、AARI ユーザーまたはマネージャーは、割り当てられたプロセスを表示、ピン留め、検索することができます。

    プロセスの表示と検索

  • AARI ユーザーは、作成された特定のリクエストを素早く検索するため、そのリクエストをフィルタリングして検索することができます。

    リクエストのフィルタと検索

  • AARI ユーザーは、複数のリクエストから作成された多くのタスクがある場合、特定のタスクをフィルタリングして検索することができます。

    タスクのフィルタと検索

  • Web インターフェースの [プロセス] ページでプロセスを編集することができます。

    AARI プロセスの編集

  • AARI 管理者は、Bot を編集してパラメーターの設定、仮想ウィンドウの有効化、Bot へのチームの割り当てを行うことができます。

    AARI Bot の編集