Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation 360

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

出力変数の使用

  • 更新済み: 2022/06/03
    • Automation 360 v.x
    • 概要
    • RPA Workspace

出力変数の使用

親プロセスに子プロセスの出力を表示するために、ユーザーはどのプロセスにも適用可能な出力変数を作成することができます。

前提条件

ユーザーは、Process Editor でプロセスを作成した後に、エンド プロセスで呼び出せる出力変数を作成することができます。

手順

  • 出力変数の作成:
    1. [出力変数] セクションに移動します。
    2. [表示] をクリックします。
    3. プラス (+) アイコンをクリックします。
      新しい変数を作成するための [変数を作成] ウィンドウが表示されます。
    4. [名前] フィールドで変数名を指定します (例: output)。
    5. [タイプ] フィールドで変数型を選択します (例: [文字列])。
    6. 任意: [説明] フィールドで変数情報を指定します。
    7. 任意: [デフォルト値] フィールドでデフォルト値を指定します。
      この手順では、変数を挿入する必要があります。
      1. [変数のソース] フィールドでソースを選択します (例: botTask)。
      2. [変数型] オプションとして、[出力] を選択します。
      3. [変数] フィールドで変数を選択します (例: output)。
      4. [はい、挿入します] をクリックして、変更を確定します。
    8. [作成] をクリックします。
      これで、新しい出力変数が作成されました。この出力変数は、[出力変数] セクションの [ユーザー定義] 変数に配置されます。
  • 既存の出力変数の編集または削除:
    1. [出力変数] セクションに移動します。
    2. ユーザー定義の出力変数 (例: output) の隣にある 3 つの点のアイコンを選択します。
    3. 任意: [変数を削除] を選択して、現在の変数を削除します。
    4. [変数を編集] を選択して、現在の変数を編集します。
      [変数を編集] ウィンドウが表示され、現在の変数に新しい変更を加えるよう促されます。
    5. [適用] をクリックして、変更を保存します。
      これで、既存の出力変数が変更されました。
フィードバックを送る