機能比較表

製品リリース間で機能を比較します。

Control Room バージョンの機能表

機能 バージョン 11 バージョン 10
Active Directory ロールのセキュリティ グループを持つ Control Room Y -
API ベースの導入 Y Y
API: Bot 導入 Y Y
API: Bot ログイン資格情報 Y -
API 資格情報 Vault Y -
API データ移行 Y -
API: ライセンス情報の取得 Y -
監査 詳細 (変更あり) 基本
Active Directory セキュリティ グループ - 編集マッピングのサポート Y -
AWS Elasticsearch のディストロを開く Y -
Bot ライフサイクル管理 Y -
Bot Runner ヘルス チェック Y -
Control Room 上の Bot Runner セッション Y Y
Bot Store 統合 Y -
一元的な Bot の導入 Y Y
一元的なライセンス管理 Y Y
一元的なスケジュール設定 高度な機能 (リピート オプション) 基本
資格情報 Vault 高度な機能 (RBAC、ロッカー) 標準
設定可能なパスワード ポリシー Y -
Control Room でのフォルダーの作成/名前変更 Y -
カスタマイズ可能なヘルプ リンク Y Y
設定可能な Control Room の非アクティブ セッション タイムアウト Y -
ダッシュボード グラフィカル、ドリルダウン UI 基本
データ移行 Web ベース ツール デスクトップ ユーティリティ
データ ストレージ SQL データベース SQL データベース
非 AD ユーザー向け重複ログイン通知ボックス Y -
E メール通知 Y Y
CSV 監査ログへのデータのエクスポート、および過去のアクティビティに関するページ Y -
リポジトリ内の GUID の一意性 Y -
高可用性モード Y Y
ホスティング テクノロジー Java IIS
インストーラーによるデータベース ユーザーの権限の検証 Y -
ロード バランシング Y Y
よりコンテキストに対応した翻訳を得るための Linguify ライブラリのアップデート Y -
認証モード SSO、AD (Kerberos を使用)、非 AD AD、非 AD
マルチドメイン サポート Y Y
オペレーション ルーム 詳細 標準
[デバイス] ページでの 作業項目 の処理 Y -
ロール ベースのアクセス制御 Y Y
ロールおよび権限 Y Y
法的免責事項を有効にした RDP ベースの導入 Y -
cron ジョブとして定期的に自動検出を実行する Y -
SSO 認証 - 署名済み認証リクエストを Control Room から IDP に送信する対応 Y -
SQL 2016 サポート Y -
タイプ Web Web
2 要素認証 Y -
ユーザー インターフェース リッチでレスポンシブな UI コントロール 標準 Web UI
ユーザーとロールのインポートとエクスポート Y -
バージョン管理の統合 Y Y
ユーザーの基本的な権限の表示 Y -
ワークロードの管理 Y -

Enterprise クライアント バージョンの機能表

Enterprise クライアント には Bot CreatorBot Runner が含まれます

機能 バージョン 11 バージョン 10
AISense Y -
Attended オートメーション、スケジュール作成をオフにする Y -
Attended Bot Runner:
  • CR からの Bot の自動アップデート

  • 親タスク ファイルのダウンロード/実行

Y -
自動ログイン の Citrix ログオフ サポート Y -
OCR の自動モード Y -
Bot 難読化 AES-256 アルゴリズム 基本的な 3DES
Bot 依存関係削除 (関連付けが解除された場合) Y -
Bot Insight COE 管理者ロールをモバイル アプリ向けに有効化 Y -
MetaBot 難読化 Y -
タスク Bot 難読化 Y -
Zip パッケージ エクスポート Y -
Citrix 認定 Enterprise クライアント Y -
Citrix 認定 Enterprise クライアント リモート エージェント Y -
コマンド ラインからの Enterprise クライアント ログイン Y -
コマンドの追加: なし Y -
デバイス ダッシュボードの新しいウィジェット:
  • Bot デバイス使用率ウィジェット - 棒グラフ
  • Bot デバイス使用率ウィジェット - ピボット テーブル

Client Runner マシン上のロードの分析に使用 (RBAC 上にラップ)

Y -
全コマンドを対象としたディクショナリ変数 Y -
Bot Runner の災害復旧 Y -
Control Room ログイン用のドメイン リスト サポート Y -
オブジェクト クローニングをサポートする Dynamic DOMXPath Y -
動的 Java オートメーション Y Y
使いやすさ (ドラッグ アンド ドロップ) Y Y
E メール オートメーション、ユーザー定義のポート設定をサポート Y -
サブタスクとの Excel セッション共有 Y -
[ファイルの作成] コマンドを使用した Excel ファイル作成 Y -
複数の異なる ID をサポートする Google Chrome 拡張機能 Y