Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Version 11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room サービスの停止と開始の順序

  • 更新済み: 2020/03/23
    • 11.3.x
    • 調査
    • Enterprise

Control Room サービスの停止と開始の順序

Control Room サービスを再開するには、特定の順序でサービスを停止して開始する必要があります。

Control Room サービスの停止と開始の順序

次のシナリオで Automation Anywhere Control Room サービスを停止して開始します。

  • メンテナンス ウィンドウ中にサービスを手動で再開する場合。
  • クラスタにノードを追加するとき。
    Recommendation: クラスタにノードを追加する場合は、ライセンス サービスをスキップします。
  • サービス起動モードが手動に設定されている場合は、マシンまたはインスタンスが再起動するたびに行います。
  • プロパティ ファイルのプロパティを更新する場合 (サービスを再起動する必要があります)。

Control Room でサービスを停止する

表示された順序で、次の Control Room サービスを停止します。

  1. Automation Anywhere Control Room Caching
  2. Automation Anywhere Control Room Reverse Proxy
  3. Automation Anywhere Control Room Messaging
  4. Automation Anywhere Control Room Service
  5. Automation Anywhere Licensing
  6. Automation Anywhere Elastic Search Service
  7. Automation Anywhere Bot Insight Service Discovery
    注: Bot Insight サービスが稼働している場合は、Automation Anywhere Bot Insight Service Discovery を停止します。

Control Room でサービスを開始する

表示された順序で、次の Control Room サービスを開始します。

  1. Automation Anywhere Licensing
  2. Automation Anywhere Elastic Search Service
  3. Automation Anywhere Control Room Reverse Proxy
  4. Automation Anywhere Control Room Caching
  5. Automation Anywhere Control Room Messaging
  6. Automation Anywhere Control Room Service
  7. Automation Anywhere Bot Insight Service
    注: 次のサービスを開始する前に、30 秒待ちます。
フィードバックを送る