Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Version 11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ロジックを記録

  • 更新済み: 2020/05/08
    • 11.3.x
    • 調査
    • Enterprise

ロジックを記録

Bot 開発者は、スクリーンを作成し、設定して、手動でロジックを設計する代わりに、ワークフローを直接キャプチャする場合があります。既存の MetaBot のロジックを記録すると、スクリーンとともにワークフローを直接キャプチャできます。

既存の MetaBotLogic を記録するには、MetaBot Designer[ロジック] セクションにある [ロジックを記録] を使用します。

新しい MetaBotLogic を記録するには、MetaBot Designer パネルの [記録] から [ロジックでスクリーンを記録] を使用します。

注: MetaBot Logic は、アプリケーションを特定するためにスクリーン タイトル値で参照されるよう更新されました。コマンド タイトルは使用されなくなりました。スクリーン タイトル値を使用するためコマンド タイトルに参照される既存の Logic は、更新する必要があります。
フィードバックを送る