Enterprise 10 から Enterprise 11 Control Room への API データの移行

表示移行の管理のロール権限を持つ Control Room の管理者は、移行 API を使用して Enterprise 10 から最新の Enterprise 11 の Enterprise Control Room にデータを移行できます。

移行 API では、次の操作を実行できます。

  1. 接続設定を 10.x Control Room データベースに保存/更新します
  2. 利用可能な場合は、接続設定を 2.x Bot Insight データベースに保存/更新します
  3. ロール、ユーザー、Bot に基づきデータを移行するためのオプションを指定します
  4. 移行に指定されたオプション (ロール、ユーザー、Bot) に基づきデータのリストをフェッチします
  5. 移行の進行状況の概要を表示します
  6. 移行に付き成功/失敗したエンティティ数の移行統計を表示します
  7. 移行後に、10.x Control Room から新規および更新された Bot のリストをフェッチします
  8. マイ ドキュメント フォルダーの移行後に、10.x Control Room から一括してファイルを移行します

あるいは、管理 > 移行モジュールの移行ウィザードを使用して、Control Room ユーザー インターフェースからデータを移行します。詳細は「移行の概要」を参照してください。

注: このトピックで示す例は、あくまでも参考用です。

API エンド ポイント

次のエンド ポイントを使用して API にアクセスします。

  1. 移行プロセスには、<Control Room URL>/v2/migration を使用します
  2. 移行プロセスの完了後に、10.x Control Room のソースのマイ ドキュメント フォルダーからファイルを移行する場合は、<Control Room URL>/v1/migration を使用します

例:

https://crdevenv.com:81/v2/migration

移行プロセス API

移行 API は、前述のエンド ポイントを使用して 10.x Control Room データを 11.x Control Room へと移行させます。

移行 API にアクセスする前には認証 API を使用し、特定の移行 API を使用するためにトークンとして渡す必要があります。

  1. POST メソッドで、エンド ポイント http(s)://<hostname:port>/v1/authentication を使用してトークンを生成します。このために、Control Room インスタンスを、サーバー名/ホスト名/IP およびポート番号として指定します。

    例: https://crdevenv.com:81/v1/authentication

  2. 次のリクエスト ペイロードをヘッダーに指定します。

    "X-Authorization" : "Authorization token"

    "Content-Type" : "application/json"

  3. 次のリクエスト ペイロードを本文に指定します。

    {

    "username": "<Username>",

    "password": "<Password>"

    }

    例:

    {

    "usename": "Ellie.Brown",

    "password": "12345678"

    }

1. ソースの Control Room データベースに接続します

この API は、接続設定をソース 10.x Control Room データベースに保存および更新します。

  1. [X-Authorization] パラメーターと [Content Type] パラメーターをヘッダーに指定します。
  2. 本文に認証情報パラメーターを提供します
  3. POST メソッドを使用して、エンド ポイント http(s)://<hostname:port>/v2/migration/connection で 10.x Control Room データベースに接続します

    例: https://crdevenv.com:81/v2/migration/connection

  4. 本文に次のリクエストペイロードを