Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Version 11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Version 11.3.4.3 リリースノート

  • 更新済み: 6/04/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • Enterprise
    • リリース ノート

Version 11.3.4.3 リリースノート

Automation AnywhereControl RoomBot InsightVersion 11.3.4.3 で導入された新機能、修正された機能、既知の制限事項について説明します。このリリースではセキュリティ上の修正はありません。

新機能

Control Room
ロール ベースのアクセス制御 (RBAC) 拡張機能

新しい権限 [ロールの割り当て]Control Room で使用可能になり、さまざまな IQ Bot ラーニングインスタンスアクションに対するよりきめの細かいアクセス コントロールをさまざまなユーザーのグループに対して実行できます。ユーザーは、カスタムロールをラーニングインスタンスに割り当てたり、割り当て解除したりすることで、これを実現できます。ユーザーは、IQ Bot Version 11.3.5 でこの新しい権限を使用できます。

Define access to learning instances

修正された機能

Control Room
Zendesk チケット ID または Service Cloud ケース ID 説明
00378563、00373297、00470918、00462701 クラスター環境における Apache Ignite の無効なパーティションの問題が修正されました。クラスター化されたセットアップでの Control Room 内の Apache Ignite キャッシュ ノード間の通信が解決されています。任意の数のノードにインストールされた Control Room が正しく機能するようになりました。
234083、237875、244110 ユーザーは、cluster.properties ファイルで、データベース接続の再試行時間間隔の値を手動で設定できます。cluster.properties ファイルで指定された時間内にデータベースが再接続される場合、クラスターセットアップの Apache Ignite キャッシュ ノードが Apache Ignite サーバーを再起動することはないため、デバイスと Control Room ユーザーの接続は維持されます。時間プロパティ (cluster.properties ファイルの ignite.max.duration.db.connection.retries) のデフォルト値は 10000 です。 このプロパティの推奨最大時間は、最大 5 分 (300000 ミリ秒) です。
注: 手動で設定した時間プロパティの値を有効にするには、すべてのノードで Control Room サービスを再開します。また、時間をミリ秒単位で設定します。
-- Control Room ユーザーが bots を導入できるようになり、指定されたクエリパラメーター (SQL と Oracle) がデータベースサーバーに渡された場合でも、デバイス ランディング ページにデータが表示されます。

以前は、データベース サーバーの制限が原因で、Control Room ユーザーは bot を導入できず、デバイス ランディング ページが読み込まれませんでした。SQL Server で 2100 を超えるパラメーターが渡され、かつ Oracle Server で 1000 を超えるパラメーターが渡されると、クエリの実行に失敗していました。データベース サーバーの制限が修正されました。

00495106 ユーザーがセキュリティ グループのメンバーで、Active Directory ドメインでグループ名がカンマ (,) で区切られていても、Active DirectoryControl Room 人のユーザーを作成できるようになりました。
00500158 Control RoomWork Items は、作成されたデバイス プールと設定された優先順位に基づいて正しく処理されます。優先順位が適切に設定されるようになり、デバイス プールで大きなキュー (10 個以上) が作成されたときも、重複する優先順位は設定されません。
00487998 Control Room にあって保留または削除された Work Items は、デバイスで処理されなくなります。

Control Room の既知の制限事項

  • Version 11.3.4.2 パッチに Version 11.3.4.3 パッチを上書きインストールすることはできません。Version 11.3.4.1 パッチに Version 11.3.4.2 パッチを適用した場合は、Version 11.3.4.2 パッチをアンインストールしてから Version 11.3.4.3 パッチをインストールしてください。

    Version 11.3.4.1 パッチを使用している場合は、Version 11.3.4.3 パッチに直接アップグレードできます。

  • 高可用性セットアップで Control RoomVersion 11.3.4.3 にアップグレードしているときに、Enterprise ClientControl Room から切断されることがあります。アップグレードの完了後、すべてのデバイスに再度ログインしてください。

    アップグレードの考慮事項

  • um.properties ファイルでは、ドメインや組織単位、セキュリティ グループを区切る目的で次の特殊文字が使用されます。カンマ (,)、コロン (:)、アンパサンド (&)、パイプ (|)。したがって、これらの特殊文字を含む名前を持つ Active Directory エンティティがある場合は、その文字の前にダブル バックスラッシュを付けてエスケープしてください。

    ロールに最大 1000 の Active Directory グループをマッピング

Bot Insight の既知の制限事項

Version 11.3.4.3 ライブラリで使用される FasterXML の jackson-databind コンポーネントを多様型処理方法と併用すると、悪意のあるオブジェクトのデータ転送ができるようになります。これは、National Vulnerability Database (NVD) では重大度が中度の問題であり、ZoomDataAutomation Anywhere Enterprise によって直接アクセスされないため、アプリケーションに直接的な影響はありません。

フィードバックを送る