Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン 11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Enterprise クライアント の前提条件

  • 更新済み: 2020/05/08
    • 11.3.x
    • 概要
    • Enterprise

Enterprise クライアント の前提条件

Enterprise クライアント をインストールするために使用しているマシンと設定を確認します。

Enterprise クライアント は、サポートされるオペレーティング システムを実行するすべてのデバイスでインストールされています。これは、物理的または仮想マシンのいずれかです。通常、Control Room とは別のサーバーにインストールされますが、同じサーバーにインストールすることもできます。

注: Enterprise クライアント をインストールする前に Control Room をインストールします。
ハードウェア要件
Control Room は、データセンター内のサーバーにデプロイされます。Enterprise クライアント は、サポートされているオペレーティング システムが実行するすべてのデバイスにデプロイできます。Automation Anywhere ハードウェアの最小要件には、サーバー、マシン、プロセッサー、RAM、ディスク ストレージ、ネットワークがあります。
オペレーティング システムとプラットフォームの互換性
Control Room および Enterprise クライアント は、共にサポートされているオペレーティング システムのマシンにインストールされます。Control Room および Enterprise クライアント テーブルには、サポートされている Windows バージョンが一覧化されます。
サポートされているサービスの依存関係
Control Room および Enterprise クライアント には、選択した Automation Anywhere Enterprise オプションに応じて、追加のサードパーティ要件があります。必要に応じて、一部のサービスは Automation Anywhere Enterprise の導入時にオプションでインストールされます。一部のサービスには Automation Anywhere特定のプラグイン
資格情報要件
ログイン資格情報は、Automation Anywhere Enterprise のデプロイと使用のさまざまな段階で必要です。資格情報は、インストールとデータ センター サーバー、Automation Anywhere Enterprise コンポーネントへのアクセス、Bot でツールを実行するために必要です。
バージョンの互換性対応表
インストールまたはアップグレードを実行する前に、Automation Anywhere Control Room および Enterprise クライアント バージョンの互換性を確認します。
フィードバックを送る