Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere バージョン 11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Enterprise 11 と今後の Internet Explorer 11 のサポート終了 (EOL) に関するよくある質問

  • 更新済み: 2022/04/21
    • 11.3.x
    • 探索
    • Enterprise

Enterprise 11 と今後の Internet Explorer 11 のサポート終了 (EOL) に関するよくある質問

Microsoft Internet Explorer は 2022 年 6 月にサポート終了 (EOL) を迎えるのに伴い、オートメーション・エニウェアでは Microsoft Internet Explorer 11 を使用してビルドされた既存の Bot をサポートする目的で、マイクロソフト社の推奨するアプローチに従います。今後リリースされる バージョン 11.3.5.6 のパッチは、Internet Explorer モードの Microsoft Edge で既存の Bot の実行をサポートします。

一般的な FAQ (よくある質問)

どの Bot でも自動化に Internet Explorer 11 を使用していない場合、動作中のオートメーションは Internet Explorer の EOL の影響を受けますか?
いいえ、動作中のオートメーションは、EOL の影響を受けません。
半期チャネル (SAC) でライセンスされた Windows 10 Professional や Enterprise 以外の OS バージョンで実行している場合、実行中のオートメーションは Internet Explorer の EOL の影響を受けますか?
いいえ、半期チャネル (SAC) でライセンスされた Windows 10 Professional や Enterprise 以外を利用するデバイスでオートメーションを実行している場合は、影響を受けません。詳細については、マイクロソフト社が公開している FAQ (よくある質問) をご覧ください。Internet Explorer 11 desktop app retirement FAQ

半期チャネル (SAC) でライセンスされた Windows 10 Professional または Enterprise をご利用の場合、Bot は、IE ブラウザが OS から削除されるまで引き続き機能します。

私の組織には、Enterprise 11 を使用して自動化されている Internet Explorer 11 をベースにしたレガシー アプリと Web サイトがあります。EOL 日前に、レガシー アプリを IE モードの Microsoft Edge に移動する予定です。Internet Explorer 11 でビルドされた既存のオートメーションはどうなりますか?
レガシー アプリを IE モードの Microsoft Edge に移動した後、Internet Explorer 11 で以前にビルドした既存のオートメーションは、IE モードの Microsoft Edge 用に編集し、動作に必要な処理を行うまで実行されません。

IE モードの Microsoft Edge でオートメーションを正常に実行できるように、オブジェクトを再度キャプチャし、このオブジェクトに対応するアクションを更新することが必要になる場合があります。

Internet Explorer が EOL になった後に Internet Explorer でビルドしたオートメーションを確実に実行し続けるにはどうすればよいですか?
EOL 後に Internet Explorer でオートメーションを確実に実行し続けるには以下の点に留意してください。
  • Internet Explorer が実行しているサイトやアプリケーションを、Microsoft サイト リスト マネージャーに登録します。

    詳しくは、「Enterprise Mode and the Enterprise Mode Site List」をご覧ください。

  • Enterprise 11 環境を、IE モードの Microsoft Edge をサポートする最新の バージョン 11.3.5.6 パッチ リリースにアップグレードします。
  • Bot 変換ユーティリティを使用して、Internet Explorer で実行している各 Bot を IE モードの Microsoft Edge 対応に変換します。
要確認:
  • Bot で Internet Explorer 関連のコマンドが使用されていない場合は、変換されません。
  • Bot 変換レポートで、何らかのアクションが必要か確認するか、更新した Bot を確認します。
  • 更新した Bot を実行して、Bot が IE モードの Microsoft Edge で正常に実行されることを検証します。
アプリケーションは、IE モードの Microsoft Edge で実行されています。Enterprise 11 を使用して、IE モードの Microsoft Edge でオブジェクトベースのオートメーションを作成および実行することはできますか?
はい、最新の バージョン 11.3.5.6 のパッチにアップグレードすると、オブジェクトベースのオートメーションは IE モードの Microsoft Edge で動作するようになります。オブジェクトを記録し、さまざまなアクションを実行することで、IE モードの Microsoft Edge で実行しているアプリケーションを自動化できます。
注: 別のプラグイン拡張機能は必要ありません。
どの BotInternet Explorer 関連のコマンドまたはアクションを使用し、IE モードの Microsoft Edge 対応への変換が必要かは、どのように判断すればよいですか?
Enterprise 11 Bot の場合、Internet Explorer を利用する Bot をスキャンするオプションで、Bot スキャナー ユーティリティを実行できます。このユーティリティは、Internet Explorer に関連したコマンドを使用するすべての Bot をリストするレポートを生成します。

Bot をスキャンする Bot 変換ユーティリティを使用することもできます。これは、Internet Explorer ブラウザを利用する Bot や行番号などの詳細情報が記載された CSV ファイルを提供します。

この変換ユーティリティは、変換できないシナリオや、ステータス レポートを提供してくれますか?
はい、このユーティリティは変換前に、Internet Explorer で作成され、かつ、変換できる Bot に関する、行番号などの詳細情報が記載された CSV ファイルを提供します。

このユーティリティは変換後、すべての Bot について行項目ごとに、変換状況 (成功または失敗) などの詳細情報を記載した CSV ファイルを出力します。

このパッチは、現在使用している Enterprise 11 (v11) バージョンをサポートしますか? 何かアップグレードや変更が必要ですか?
最新 バージョン 11.3.5.6 パッチは、11.3.5.x リリースにのみ適用可能です。他の v11 バージョンをお使いのお客様は、本パッチを使用するために 11.3.5.x リリースにアップグレードしてください。

11.3.5.x とは異なる v11 バージョンをお使いの場合は、この最新 バージョン 11.3.5.6 (IE モードの Microsoft Edge) パッチを使用するために、お使いの環境を 11.3.5.x リリースにアップグレードしてください。

11.3.5.X へアップグレードするには、追加のサーバー要件があります。この バージョン 11.3.5.6 のパッチを使用するには、11.3.5.x トレイルへのアップグレードは必須ですか?
はい、バージョン 11.3.5.6 のパッチはバージョン 11.3.5.x トレイルでのみ機能します。バージョン 11.3.5.x トレイルへのアップグレードに関する詳細については、バージョン 11.3.5 リリースノートをご覧ください。

バージョン 11.3.5 リリース ノート

この バージョン 11.3.5.6 パッチは、累積パッチですか?
はい、11.3.5.x トレイルのいずれかのバージョンを使用しているお客様は、本パッチでアップグレードできます。Internet Explorer の EOL の影響を受けないお客様は、このパッチをスキップできます。
IE モードの Microsoft Edge で動作するように Bot を一括更新する方法はありますか?
はい、オートメーション・エニウェアは、IE モードの Microsoft Edge で動作するように、Internet Explorer ブラウザを利用するすべての Bot を変換し更新する変換ユーティリティを近日中に公開します。
注: この変換ユーティリティは、オートメーションに Internet Explorer を利用する Bot のみ更新し、他のブラウザを利用する Bot の更新は行いません。

ユーティリティは、更新を要する Bot と行番号の詳細情報を提供します。ユーティリティが正常に実行された後、Bot の詳細情報、それぞれの行番号、更新情報、ステータスを伝える詳細なレポートが作成されます。

バージョン 11.3.5.6 のパッチでサポートされないコマンドはありますか?
一部の Windows コントロールの管理 アクションは、IE モードの Microsoft Edge でサポートされません。これらのアクションを使用する Bot については、オブジェクト クローニングマウス スクロール、キーストロークの挿入 など他のコマンドを使用して、オブジェクトを再キャプチャする必要があります。
注: Enterprise 11 から Automation 360 へ移行した場合、IE モードの Microsoft EdgeWindows コントロールの管理 コマンドがサポートされます。
Enterprise 11.x は Internet Explorer で引き続き動作しますか?
はい、このパッチ (バージョン 11.3.5.6) では、Internet Explorer ブラウザの動作をブロックしていません。ブラウザがシステムで利用可能な限り、動作し続けます。
注: バージョン 11.3.5.6 については、設定で Internet Explorer または IE モードの Microsoft Edge のいずれかを構成できます。ただし、このバージョンは、Internet Explorer と IE モードの Microsoft Edge の両方を同時にはサポートしていませんBot は、同じデバイス上で、一部が Internet Explorer で動作し、一部が IE モードの Microsoft Edge で動作するということはできないため、すべての Bot が同じブラウザを使用している必要があります。
この IE モードの Microsoft Edge パッチとは何ですか?
このパッチは、Enterprise クライアント が IE モードの Microsoft Edge でオートメーションを実行できるようにするためのものです。バージョン 11.3.5.6 パッチのセットアップを管理者モードでインストールする前に、必ず次のアップグレード前チェックを実施してください: アップグレード前のチェックリスト
Windows の更新後、Internet Explorer のリクエストは Microsoft Edge にリダイレクトされますが、Internet Explorer モードは自動的に設定されますか、それとも設定が必要ですか?
マイクロソフト社は、Internet Explorer で実行するサイトやアプリケーションを、Microsoft のサイト リスト マネージャーに登録することを推奨しています。

詳しくは、「Enterprise Mode and the Enterprise Mode Site List」をご覧ください。

または、Microsoft Edge ブラウザの設定で、IE モードの Microsoft Edge の互換設定を使用して、モードのみで開く特定の Web サイトを一覧表示することも可能です。なお、この設定は 30 日ごとに更新する必要があります。

現在 Enterprise 11 または Enterprise 10 を利用しており Automation 360 に移行する予定です。または移行中です。Internet Explorer の EOL をふまえた移行計画について、Automation Anywhere における推奨はどのようなものですか?
移行シナリオ A (完了): Automation 360 v.24 以前を初めてご利用になり、かつ Internet Explorer を使用して Bot をビルドした場合、あるいは Enterprise 11Enterprise 10 または Automation 360 v.24 以前のバージョンから完全に移行し、Internet Explorer を使用して Bot をビルドした場合は、以下の情報を確認してください。

移行に関する質問と EOL の詳細については、「移行 - よくある質問」をご覧ください。

移行シナリオ B (計画段階): 現在 Enterprise 11 または Enterprise 10 をご利用で、Automation 360 に移行する予定がある場合、次の情報を確認してください。
  • Automation 360 への移行は、変換後の BotAutomation 360 で正常に実行されるように、Enterprise 11 または Enterprise 10 から A360 互換のフォーマットへの変換を伴います。
  • これらの BotInternet Explorer 11 を利用して自動化される場合、それらの Internet Explorer 11 利用の BotMicrosoft EdgeInternet Explorer モード対応へ変換し、Bot をさらに新しいブラウザに対して有効にする必要があります。
  • Enterprise 11 を使用しており、Internet Explorer の EOL の影響を受ける場合は、EOL 日以前にテストと検証を行えるよう、Enterprise 11 を引き続き使用して、Internet Explorer 関連の BotMicrosoft EdgeInternet Explorer モード対応へ変換することをお勧めします。
  • Enterprise 10 を使用していて、Internet Explorer の EOL の影響を受ける場合は、EOL 日以前にテストおよび検証できるように、Enterprise 11 に移行したうえで、Internet Explorer 関連の BotInternet Explorer モードの Microsoft Edge 対応に変換することをお勧めします。
  • Enterprise 11 または Enterprise 10 を使用して新たにビルドする予定の Bot については、Internet Explorer の EOL の影響を最小限にするために、Google ChromeMozilla FirefoxMicrosoft Edge などの対応ブラウザを使用して Automation 360 でその Bot をビルドすることをお勧めします。
移行シナリオ C (移行中): 現在 Enterprise 11 または Enterprise 10 をご利用で、Automation 360 に移行中である場合、次の情報を確認してください。
  • 2 つのパラレル環境を維持しながら移行作業を行っており、Enterprise 11Automation 360 バージョンの両方をベースとした Bot が存在する場合、それらの Bot を、それぞれの環境において、Microsoft EdgeInternet Explorer モード対応へ確実に変換してください。シナリオでは、IE の EOL 日以前に、保留中の Enterprise 11 ベースの Bot から Automation 360 への移行を完了することができません。
  • Internet Explorer に基づく Enterprise 11 Bot の場合、Enterprise 11 を、Microsoft EdgeInternet Explorer モードをサポートする最新のバージョン 11.3.5.6 パッチ リリースにアップグレードしてください。アップグレードしたら、Internet Explorer の EOL 後でも Enterprise 11 でその Bot が動作し続けるように、Enterprise 11 変換ユーティリティを使用してこの BotInternet Explorer モードの Microsoft Edge に変換してください。
  • 同様に、Internet Explorer を使用した Automation 360 Bot の場合、Microsoft EdgeInternet Explorer モードをサポートしている最新の Automation 360 v.24 パッチ リリースにアップグレードしてください。アップグレードしたら、Internet Explorer の EOL 後でも Automation 360 でその Bot が動作し続けるように、Automation 360 Bot 更新ウィザードを使用してこの BotInternet Explorer モードの Microsoft Edge に変換してください。
  • Internet Explorer モードの Microsoft Edge 対応に変換した Enterprise 11 Bot は、Automation 360 にいつ移行するかを後で決めることができます。そうした場合、Automation 360 Bot 移行ウィザードは、Microsoft EdgeInternet Explorer モードでビルドされた変換 Bot オプションなしで使用できることに注意してください。
現在、テスト ビルドは用意されていますか?
開発環境をアップグレードする、ユーティリティを使用して Bot を変換する、それらのテストを行うために、2022 年 4 月 22 日に予定されている早期アクセス リリース (リリース候補版) を利用できます。

RC 版は製品版ではありませんのでご注意ください。GA (General Availability) ビルドのリリース後、環境をアップグレードできます。

このパッチは、SSO 認証を使用している Enterprise 11 ログインに影響がありますか? Enterprise 11 クライアント アプリケーションは、クライアント ウィンドウ内にログイン ページを表示するために Internet Explorer に依存します。
マイクロソフトは Internet Explorer ブラウザのみを無効にします。Internet Explorer のエンジン自体は、オペレーティング システム (OS) から削除されません。Enterprise 11 は、このエンジンを使用してログイン ページをロードします。Internet Explorer のエンジンは削除されないため、Enterprise 11 SSO 認証に関する問題は発生しません。

制限事項

  • Bot 変換ユーティリティでは、変数を使用してウィンドウ タイトルを格納するコマンドは考慮されません。このコマンドは、[確認が必要] セクションに表示されるため、ユーザーは、このコマンドを手動で確認して、ウィンドウ タイトルが Internet Explorer ブラウザ ウィンドウに基づいているかどうかを検証できます。
  • 変換ユーティリティを使用した場合、プログラム/ファイル プロパティの場所を格納するファイル パスを含んでいる プログラム/ファイルを開く は、Internet Explorer モードの Microsoft Edge を使用するようには変換されません。このコマンドは、[確認が必要] セクションに表示されるため、ユーザーは、このコマンドを確認および検証できます。ファイル パスが Internet Explorer をポイントしている場合は、代わりに Microsoft Edge ブラウザをポイントするようにパスを更新してください。
    メニュー バーや HTML 以外のオブジェクトなど、Internet Explorer ブラウザ コントロールを使用して開発された次のコマンドは変換できません。必要に応じて、画面を確認して再キャプチャするか、プロパティを更新することをお勧めします。
    • 画像認識
    • マウス
    • OCR
    • キーストロークの挿入
    • オブジェクト クローニング
    • Windows コントロールの管理
  • 変換ユーティリティは、Citrix リモート エージェントを使用して作成された Bot に対しては機能しません。
  • オブジェクト クローニング
    • オブジェクト クローニング コマンドは、IE モードの Microsoft Edge でサポートされています。ブラウザ拡張機能を使用して、Microsoft Edge のみで開く特定の Web サイトを一覧表示することはできません。
    • Silverlight や Flash テクノロジーで開発された オブジェクト クローニングMetaBot などのコマンドは、IE モードの Microsoft Edge への変換後はサポートされません。また、Flash テクノロジーは、新しい Bot ではサポートされていません。
    • [標準] または [レガシー] テクノロジーを使用して Internet Explorer でキャプチャされたオブジェクトは、変換後に機能しません。[オブジェクト検索条件] からパスとして [プロパティ] タイプを選択した場合、IE ウィンドウの Microsoft Edge の出力の場合に期待されるとおりにはならないことがあります。
    • [レガシー] テクノロジーを使用して作成され、静的テキストでキャプチャされた Bot はサポートされていません。そのテキストは、変換後に IE の Microsoft Edge では検出されません。
    • Internet Explorer ベースのツールバーが有効でロックされている (座標の再生モードの) オブジェクト クローニング コマンドは変換されません。
    • Internet Explorer と IE モードの Microsoft Edge でヘッダー バーの高さが異なるため、変換後に誤った Y 軸が発生する場合があります。この違いは、座標の再生モードの オブジェクト クローニング および マウス アクション ([テキストを取得]、[テキストを設定]、[左クリック]、[右クリック]、[中央クリック]、[ダブルクリック]) で確認できます。
  • 画像認識: 画像認識 コマンドでは、ターゲット画像がソース画像の上下の境界上にある場合、Internet Explorer ブラウザと Microsoft Edge ブラウザでヘッダー バーの高さが異なるため、コマンドが機能しないことがあります。次のターゲット アクションが影響を受けます: [右クリック]、[左クリック]、[ダブルクリック]。
  • キーストロークの挿入: ブラウザのメニュー バーをベースとする、キーストロークの挿入 ベースのコマンドは変換されません。次のショートカット キーは、IE モードの Microsoft Edge ではサポートされていません。
    • 名前を付けて保存: Ctrl+S
    • プライベート ブラウザ: Ctrl+Shift+P
    • ウィンドウの複製: Ctrl+K
    • お気に入り: Ctrl+Shift+I
    • 履歴: Ctrl+Shift+H
    • フィード: Ctrl+Shift+G
    • ダウンロードの表示: Ctrl+J
  • MetaBot:
    • Bot で画像の再生モードを使用してオブジェクトの画像をキャプチャした場合、変換ユーティリティの実行後、その画像により、正しい結果がレンダリングされないことがあります。同様に、座標の再生モードを使用してオブジェクトの座標をキャプチャする Bot の場合、このような Bot は、座標の変更により、変換後に失敗することがあります。
    • [オブジェクト検索条件] からパスとして [プロパティ] タイプを選択した場合、IE ウィンドウの Microsoft Edge の出力の場合に期待されるとおりにはならないことがあります。
  • Windows コントロールの管理: 次の Windows コントロールの管理 アクション を使用して作成されたか、If/Else または ループ コマンドから Windows コントロールの管理 条件を使用して作成された Bot は、IE ブラウザの Microsoft Edge では動作しません。
    • テーブル
    • テキスト
    オブジェクトのプロパティ (テーブルとテキスト) 内の [ドロップダウン]、[クリック] などのコントロールはキャプチャされません。
    注: バージョン 11.3.1.12 では、これらはサポートされていません。
  • Internet Explorer と IE モードの Microsoft Edge でヘッダー バーの高さが異なるため、場合によっては、アクション の出力が期待どおりにならないことがあります。次のコマンドが影響を受けます。
    • OCR > 領域をキャプチャ
    • マウス:

      ボタン: 左ボタン、中央ボタン、右ボタン

      イベント: クリック、ダブルクリック、ボタン下、ボタン上

    • スクリーン > 領域をキャプチャ
  • メニュー バー、ステータス バー、お気に入りバー、コマンド バーなど Web ページ以外のブラウザ コンポーネントは、ブラウザごとに異なるため、画像ベースのコマンドが機能しない場合があります。これは、キャプチャされた画面やアクションのプロパティに影響を与える可能性があります。必要に応じて、画面を確認し、再キャプチャするか、プロパティを更新することをお勧めします。
  • 座標ベースのコマンドは、選択したコンポーネントの位置およびサイズがブラウザごとに異なる場合があるため、機能しない場合があります。必要に応じて、オブジェクトの座標を確認し、再キャプチャすることをお勧めします。
  • 画像モードの オブジェクト クローニング画像認識 など、画像ベースのコマンドは、ブラウザ間でオブジェクトの外観およびカラーが異なるため、失敗する場合があります。
  • Internet Explorer のウィンドウ タイトルで作成されたトリガーについては、変換サポートはありません。トリガーは手動で更新することをお勧めします。
  • [Web Java] テクノロジーを使用して作成された MetaBot は、IE モードの Microsoft Edge では動作しません。
    注: バージョン 11.3.1.12 では、これらはサポートされていません。
  • Citrix の環境で Xen App Remote Agent で開発された オブジェクト クローニング および MetaBot コマンドは、サポートされていません。
  • 変換ユーティリティを実行し、多数の Bot がある場合、変換プロセスの完了に時間がかかることがあります。また、膨大なデータ セットを含んだ CSV レポートが生成される場合があります。そのデータ セットを一度に変換するのではなく、小さなフラグメントに分割し、段階的に変換することをお勧めします。たとえば、何千もの Bot がある場合は、小さなフラグメントに分割し、変換してください。
  • 変換ユーティリティによる変換については、Enterprise 10 で作成された Bot は考慮されません。この Bot を変換するには、Enterprise 11 で編集して保存し直す必要があります。
  • 変換ユーティリティは、Bot Store からダウンロードされた、保護されているか有料の Bot の変換はサポートしていません。これらの Bot は開発者の知的財産 (IP) であり、このユーティリティでは復号化できないためです。
  • Bot の変換後、Control Room では Bot の最終変更日時は更新されません。
  • Internet Explorer の待機モードが有効で、IE ページが応答しない場合、IE ウィンドウは検出されません。IE モードの Microsoft Edge では、これはサポートされていません。Bot が IE モードの Microsoft Edge に変換され、IE ページが応答しない場合、Enterprise クライアント によって Internet Explorer モードの Microsoft Edge は検出されません。
フィードバックを送る