Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere Version 11.3

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

新規クラスタ ノードの追加 IP アドレスの構成

  • 更新済み: 2022/01/12
    • 11.3.x
    • 調査
    • Enterprise

新規クラスタ ノードの追加 IP アドレスの構成

クラスタ ノードで Control Room をインストールした後にクラスタ内に新規ノードを追加する場合は、クラスタ内の各ノードにあるプロパティ ファイルのすべてのノードに対して、追加の静的 IP アドレスを設定する必要があります。

前提条件

  • 完全なダウンタイムが必要なメンテナンス ウィンドウがあることを確認します。
    • すべてのクライアントが切断されます。
    • メンテナンス中にスケジュールは実行されません。
    • Automation Anywhere Enterprise Client および Automation Anywhere Control Room には、アクセスできません。
  • 新規ノードで Control Room インストールを完了します。

手順

次のクラスタ内の各ノードで、次の手順を実行します。

  1. リストされたシーケンスの Control Room ノードで、次の Control Room サービスを停止します。
    1. Automation Anywhere Control Room Reverse Proxy
    2. Automation Anywhere Control Room Caching
    3. Automation Anywhere Control Room Service
    4. Automation Anywhere Elastic Search Service
    5. Automation Anywhere Bot Insight Elastic Search
  2. Control Room ディレクトリで cluster.properties ファイルを見つけます。
    たとえば、デフォルトの場所は次のようになります。C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\config\
    このファイルが Control Room ディレクトリに存在しない場合は、ファイルを作成します。
  3. 次のプロパティを追加し、cluster.properties ファイル内に含まれるすべてのクラスタ ノードの静的 IP アドレスとしてプライマリ IP を設定します。
    ignite.discovery.mode=static
                            ignite.discovery.static.ips=<primary ip addresses>
                        
    例: ignite.discovery.static.ips=10.0.11.153,10.0.11.13
    オプションとして、ノードに複数の IP アドレスがある場合は、上記のプロパティに加えて、次のプロパティを追加し、クラスタ内の各ノードの特定のプライマリ IP アドレスを構成します。
    ignite.local.static.ip=<primary ip address>
    例: ignite.local.static.ip=10.0.11.153
  4. cluster.properties ファイルを保存します。
  5. elasticsearch.yml ファイルで新しい IP アドレスに変更します。
    1. Control Room ディレクトリ内で elasticsearch.yml ファイルを見つけます。
      たとえば、デフォルトの場所は次のようになります。 C:\Program Files\Automation Anywhere\Enterprise\elasticsearch\config\elasticsearch.yml
    2. 次の属性を使用して elastcissearch.yml を新しい IP アドレスに更新します。
      discovery.zen.ping.unicast.hosts:["ip1",”ip2”,”ip-new”]
    3. elasticsearch.yml ファイルを保存します。
  6. リストされたシーケンスで、Control Room ノードで次のサービスを 1 つずつ開始します。
    注: 次のサービスを開始する前に、40 秒待ちます。
    1. Automation Anywhere Control Room Reverse Proxy
    2. Automation Anywhere Control Room Caching
    3. Automation Anywhere Control Room Messaging
    4. Automation Anywhere Control Room Service
    5. Automation Anywhere Elastic Search Service
    6. Automation Anywhere Bot Insight Elastic Search
フィードバックを送る