Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot Version 11.3.5.2 リリース ノート

  • 更新済み: 1/20/2022
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • IQ Bot
    • リリース ノート

IQ Bot Version 11.3.5.2 リリース ノート

Automation Anywhere IQ BotVersion 11.3.5.2 で導入された新機能、変更された機能、修正された機能、既知の制限事項について説明します。このリリースではセキュリティ上の修正はありません。

新機能

グループの作成の制御

[ラーニングインスタンス] > [編集] ページの [新しいグループ作成の設定] セクションを使用して、トレーニングドキュメントを IQ Bot にアップロードするときにグループの作成を制限できます。[新しいグループを作成するためのしきい値] [新しいグループを作成しない] チェック ボックスを使用してパラメーターを定義します。

Bot

変更された機能

Validator でのファイル名による検索

(Service Cloud ケース ID: 00372981)

[検証] 画面の [ファイル名で検索] フィールドを使用して、IQ Bot でドキュメントを検索します。

Validator の機能強化

ステージングから本番サーバーへの任意の順序でのカスタム ドメインのインポート

(Service Cloud ケース ID: 00472445)

ラーニングインスタンスをインポートする前に、既存のカスタムドメインを複数回編集および更新し、任意の順序で本番サーバーに複数回インポートできるようになりました。ラーニングインスタンスのインポート後、システムは本番サーバー内のすべてのドキュメントを正しく分類し、ドキュメントの処理を正常に行います。

IQ Bot のカスタム ドメイン

修正された機能

Service Cloud ケース ID 説明
00551886 アジア言語のテーブル検証に関する Unicode の問題が解決されました。
-- バリデーター URL を使用して検証されたドキュメントの出力 (.csv) ファイルに、修正されたフィールドとともに検証エラー メッセージが表示されるようになりました。
00605607 検証画面で [現在のドキュメントを保存] をクリックすると、ドキュメントがエラーなしで保存され、対応する .csv ファイルが出力フォルダーに作成されます。
00376179 IQ Bot バッチ ファイルを使用してインストールまたはアンインストールする場合でも、Automation Anywhere コグニティブ プロジェクトがエラーなしで作成されるようになりました。

既知の制限事項

IQ Bot Version 11.3.5.2 環境でラーニングインスタンスのバックアップをインポートするには、バックアップ(.iqba)ファイルは、IQ Bot Version 11.3.5.2 環境からのみエクスポートする必要があります。そのため、ソース IQ Bot 環境も Version 11.3.5.2 にアップグレードする必要があります。この要件は、バックアップ (.iqba) ファイルのデータベース スキーマおよびバージョン情報の変更によるものです。

[保存して次のグループに移動] オプションをクリックすると、使用可能なグループまたはラーニングインスタンスが表示されない場合があります。

(Service Cloud ケース ID: 00565803)

さまざまなグループの検証に費やされる時間が大幅に異なる場合、検証チャートの Y 軸 (時間を表す) がデータを正確に表示しないことがあります。各グループのバーにカーソルを合わせると、そのグループの検証にかかった時間が表示されます。

設定ファイルで GroupDocumentThreshold に入力された値がゼロまたは負の値である場合、[新しいグループを作成するためのしきい値] フィールドには、[ラーニングインスタンス] > [概要] ページにデフォルト値 (10) は表示されません。

IQ Bot Version 11.3.5.2 の機能強化により、Microsoft Azure (RTM) データベースはこのバージョンと互換性がありません。

フィードバックを送る