Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

バリデーター ウィンドウ

  • 更新済み: 2020/05/05
    • 11.3.x
    • ビルド
    • IQ Bot

バリデーター ウィンドウ

バリデーター ウィンドウは、ラーニングインスタンス用にアップロードおよび処理されたドキュメントの検証に役立ちます。ドキュメントは、Automation Anywhere EnterpriseIQ Bot を使用すればすばやくアップロードされます。

バリデーターのユーザー インターフェースを開くには、http://<IQ Bot installation path>/ > Learning Instances に移動し、Web ブラウザ上で [バリデーターを起動] アイコンをクリックします。

注: 検証ページは、Automation Anywhere Control Room を使用してバリデーターのロールが割り当てられたユーザーのみ表示できます。詳細については、Automation Anywhere Control Room の「ユーザーのロールと権限」をご覧ください。

バリデーター ウィンドウを起動

以下のいずれかの方法を使用して、[ラーニングインスタンス] ページから [バリデーター] ウィンドウを起動します。
  • ラーニングインスタンス用に [バリデーターを起動] アイコンをクリックします。
  • [概要] または [ドキュメント グループ] タブの [検証] ボタンをクリックします。

バリデーターが起動し、検証リストの最初のファイルが表示されます。

注: ユーザーには、空のページと 「検証可能なドキュメントがありません。ラーニングインスタンスページにリダイレクトされます」というメッセージが表示されます。これは次のシナリオの場合に表示されます。
  • 検証キューに使用可能なファイルがない。
  • 検証キューにファイルが 1 つも存在しない。
  • 別のユーザーが、検証キューの残りのファイルを使用している。
注: Version 11.3.5 以降では、Validator 機能は、Designer と同様のテキストおよび複数行のセグメンテーション機能で強化されています 「テキストセグメント」および「データを抽出するためのマルチラインセグメンテーション」をご覧ください。
フィードバックを送る