Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot Version 11.3.4.1 リリース ノート

  • 更新済み: 2020/05/13
    • 11.3.x
    • 調査
    • IQ Bot
    • リリース ノート

IQ Bot Version 11.3.4.1 リリース ノート

これらのリリース ノートでは、IQ Bot Version 11.3.4.1 の新機能と変更された機能について説明します。

新機能

IQ Bot Version 11.3.4.1 の新機能
機能 説明
新しい IQ Bot パッチ インストーラー ユーザーは、新しいパッチ インストール プロセスを使用して、アップデートされたパッチ ファイルをインストールできるようになりました。このパッチをアンインストールすると、IQ Bot がベース バージョンに戻ります。

たとえば、IQ Bot Version 11.3.4 がベース バージョンの場合は、パッチによって IQ Bot がバージョン Version 11.3.4.1 にアップデートされます。

IQ Bot Version 11.3.4 から Version 11.3.4.1 パッチ リリースへのアップグレード

変更された機能

IQ Bot Version 11.3.4.1 の変更された機能
機能 説明
IQ Bot のパフォーマンス向上 IQ Bot は、API 呼び出しからの静的データと準静的データを一定の時間キャッシュすることによって、パフォーマンスの向上を図ります。

これらの静的 API 呼び出しのデータは、ブラウザに短時間保存 (キャッシュ) されます。その後、同じデータの API 呼び出しがキャッシュ期間内に行われると、ブラウザはキャッシュされたデータですぐに応答します。

ユーザーは更新された最新のデータを 2 分以内に確認できます。

セキュリティ上の修正

このバージョンではセキュリティ上の修正はありません。

廃止予定の機能

このバージョンには廃止予定の機能はありません。

既知の制限事項

Version 11.3.4.1 パッチのアンインストール プロセスの実行中、IQ Bot サービスは停止され、アンインストールされます。プロセスが完了した後、サービスが再インストールされて再起動します。

フィードバックを送る