Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

検証に役立つヒント

  • 更新済み: 2019/06/14
    • 11.3.x
    • ビルド
    • IQ Bot

検証に役立つヒント

次のヒントを参考にして時間を節約し、IQ Bot のタスクを簡単に実行します。

  • 複数のドキュメントクラスで類似のフィールドやテーブル列を抽出するには、特殊文字の「|」を使用して複数のエイリアスを追加します。エイリアスを使用すると、一般的な IQ Bot を作成できます。
  • 値領域のサイズを変更するか、選択を使用して独自の値領域を作成した場合、値領域の位置はフィールドラベルに対して相対的に固定されます。そのフィールドの値は常にその相対領域で検索されます。
  • 自動検出モードでユーザーが定義した固定フィールド領域をリセットすることもできます。その場合は、フィールドの右上にある [閉じる] ボタンをクリックします。
  • 必須フィールド/テーブル列はすべてマッピングする必要があります。フィールド/テーブル列が見つからない場合、システムはこれらのフィールド/列に対する警告アイコンを表示します。
  • テーブルには参照列とフッター(フッターはオプションであり、常にメッセージが表示されるわけではありません)を定義してください。そうしないと、該当するドキュメントクラスに対して警告アイコンが表示されます。
フィードバックを送る