Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

グループのトレーニング ドキュメントを選択

  • 更新済み: 5/07/2020
    • 11.3.x
    • 構築
    • IQ Bot

グループのトレーニング ドキュメントを選択

ドキュメントのトレーニング中には、グループ内で使用可能な一意のドキュメント レイアウトを確認し、IQ Bot Designer が選択した、該当するグループ全体のより代表的かつ既定のドキュメントとは別の文書を選択できます。これにより、ストレート スルー プロセッシング (STP) が最大限に活用できます。

手順に従い、ドキュメントグループから別のドキュメントを選択します。

手順

  1. ユーザーは、ドキュメント名の横にある Designer トレーニング ページで、[各グループの 'x' ドキュメントを表示] ボタンを確認できます。
    グループ内にドキュメントが 1 つしかない場合、[各グループの 'x' ドキュメントを表示] ボタンは無効になります。
  2. [各グループの 'x' ドキュメントを表示] ボタンをクリックすると、別のドキュメント間を移動可能な「前へ」と「次へ」の矢印が表示されます。また、タスクはキャンセルできます。
    グループのトレーニング ドキュメントとして別のドキュメントを選択すると、以前のドキュメントからすべてのマッピングが消去されます。IQ Bot では、これを示す警告メッセージが表示されます。
  3. 新しいドキュメントを選択して[トレーニング ドキュメントを変更] ボタンをクリックし、次のメッセージを確認します。 このグループのトレーニング ドキュメントを変更すると、以前にトレーニングしたドキュメントからのマッピングはすべて失われます。グループ「<group name>」のトレーニング ドキュメントを「<document name>」に変更しますか。
  4. [いいえ、キャンセルします] を選択すると Designer に戻り、[はい、変更します] を選択してメッセージを確認すると、自動マッピング フィールドが付いた新しいドキュメントを読み込んで起動します。
  5. [抽出結果を表示] をクリックして、新しいドキュメントから抽出されたデータを表示します。
フィードバックを送る