Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot Version 11.3.5.1 リリース ノート

  • 更新済み: 10/05/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • IQ Bot
    • リリース ノート

IQ Bot Version 11.3.5.1 リリース ノート

Automation Anywhere IQ BotVersion 11.3.5.1 で導入された新機能、変更された機能、修正された機能、および既知の制限事項について説明します。このリリースではセキュリティ上の修正はありません。

新機能

IQ Botbot オプションを削除Designer (Service Cloud ケース ID: 00096258、00595526)

bot の編集権限を持つユーザーは、Designer[Bot を削除] オプションを表示して使用できます。システムから削除した bot は、ラーニングインスタンスおよび Bot のリスト ページには表示されません。

IQ Bot は、ステージングからすべてのドキュメントの詳細を削除し、未処理の本番環境のドキュメントはすべて Validator に移動されます。
注: 移行ユーティリティ] > [インポート/エクスポート] 機能は、[bot を削除] 機能による影響を受けません。

Bot の削除

成功または保留中のドキュメントの検証に関するアラート

ドキュメント検証ステータスが [ラーニングインスタンス] ページに表示されるようになりました。緑色のアイコンは、すべての成功ドキュメントの検証に使用され、赤色のアイコンは保留中の検証を示します。

変更された機能

複数ページに跨るテーブルからのデータの抽出 (Service Cloud ケースID: 00572574、00341694)

IQ Bot は、複数のページに跨るテーブル全体から、最初のページのみテーブル ヘッダーを持つデータを正常に抽出できるようになりました。

テーブルをマッピング

Validator の機能拡張 (Service Cloud ケースID: 00470258)

構成設定を使用して [次のファイルにスキップ] および [無効としてマーク] オプションを非表示にすることができます。デフォルトでは、現在、これらのオプションは有効になっています。

非表示にするオプションを有効にするには、Automation Anywhere サポートに連絡してください。

修正された機能

Service Cloud ケース ID 説明
00552830 一意の検証リンクを使用して、ドキュメントにエラーなくアクセスできるようになりました。
00574815 ドキュメント タイプに関係なく、ドキュメントが正しく分類されるようになりました。
00371795 複数のテーブルを持つドキュメントからのテーブル抽出を使用した場合、指定したテーブルのデータが正しく抽出されるようになりました。
00538480 HTTP リクエストに対して Options メソッドが無効になりました。
00538480 クロス オリジン リソース共有が IQ Bot で制限されるようになりました。
00551886 アジア言語のテーブル検証に関する Unicode の問題が解決されました。
00421067 アクティビティのタイムスタンプが Control Room[監査ログ] タブに正しく記録されるようになりました。

既知の制限事項

ラーニングインスタンスを作成して [ラーニングインスタンス] > [編集] をクリックすると、空白のページが表示されます。

回避策: ブラウザのキャッシュをクリアして、ラーニングインスタンスを編集してみてください。

IQ Bot 管理者として Control Room にログインすると、ナビゲーションバーの [IQ Bot] タブをクリックしたときに 502 システムエラーが表示されます。
Internet Explorer では、ラーニングインスタンスのバリデーター画面でドキュメントを保存することやドキュメントに無効のマークを付けることはできません。

回避策: Google Chrome ブラウザを使用して、ラーニングインスタンスのバリデーター画面にアクセスします。

ステージング環境からドキュメントに関連付けられた bot を削除する場合 ([Bot を削除]) は、このドキュメントを本番環境にアップロードする前にグループを作成する必要があります。ただし、ステージング環境から bot を削除した後は、同じドキュメントを本番環境にアップロードするときにグループを作成および編集することはできません。
(Service Cloud ケース ID: 00605607)

バリデーターでテキストを選択するボックスを描画してドキュメントを保存しようとすると、そのドキュメントが保存されず、対応する .csv ファイルが出力フォルダーに作成されない場合があります。

フィードバックを送る