Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot 用の Version 11.3.3 リリース ノート

  • 更新済み: 5/13/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • IQ Bot
    • リリース ノート

IQ Bot 用の Version 11.3.3 リリース ノート

この IQ Bot Version 11.3.3 のトピックでは、新機能、変更された機能、修正された機能、セキュリティ上の修正、廃止予定の機能、既知の動作または制限事項について説明しています。

重要: IQ Bot の新しいリリース サイクルを Control Room とより良く整合させるため、バージョニング規則が同期時に合理化されました。IQ Bot バージョン 6.6 は IQ Bot Version 11.3.3 に名前が変更されました。
注: IQ Bot Version 11.3.3 は、IQ Bot Version 6.5.2 限定版リリースからの新機能や、変更および修正された機能が含まれる最初の一般版リリースです。Version 6.5.2 リリースノート」をご覧ください。

新機能

IQ Bot Version 11.3.3 の新機能
機能 説明
IQ Bot Extensions カスタム抽出サービスを活用するラーニングインスタンスを作成し、必要なトレーニングを受けなくてもフォーマットが複雑かつ修正されたフォーム (標準的なフォーム) を処理します。

カスタム抽出用の IQ Bot Extensions」をご覧ください。

ドメインから標準的なフォームをインポート 標準的なフォームのドキュメントからドメインをインポートして IQ Bot Extensions 機能を使用します。これらのドメインを使用するには、ラーニングインスタンスの作成時にドロップ ダウン リストから選択できます。

固定形式ドキュメントのドメインのインポート」をご覧ください。

Internet Explorer 11 サポート IQ Bot Version 11.3.3Internet Explorer 11 がサポートされるようになりました。
重要: Internet Explorer 11 を使用する場合、[互換表示設定] ウィンドウから [イントラネットサイトを互換表示で表示する] を有効にする必要がある場合があります。
IQ Bot パッチ インストーラー IQ Bot パッチ インストーラーは、アップロードおよびダウングレード プロセスをシンプル化し、影響を受けたファイルのみの編集をサポートします。これは、 IQ Bot のソリューション パッケージをアンインストールして再インストールする必要がない、マイナーな変更に適用されます。
注: 元のバージョンに戻すには、パッチをアンインストールします。

変更された機能

IQ Bot Version 11.3.3 の変更された機能
機能 説明
チェックボックス データの抽出を強化 IQ Bot チェックボックス データの抽出の ML モデルは、チェックボックスでより多くのバリエーションがキャプチャできるよう再トレーニングされました。
RabbitMQ および Erlang/OTP のアップグレード IQ Bot Version 11.3.3RabbitMQ 3.7.17 および Erlang/OTP 22.0 でアップグレードされました。
注: IQ Botまた、Version 11.3.3RabbitMQ の以前のバージョンにも対応するようになりました。「RabbitMQ および Erlang/OTP のアップグレード」をご覧ください。
他のラーニングインスタンスを編集中でもラーニングインスタンスを移行 管理ユーザーは、他のラーニングインスタンスを編集中でもラーニングインスタンスが移行できるようになりました。
Microsoft Azure Computer Vision OCR engine

これはベータではなく公式な機能です。IQ Bot には Microsoft Azure Computer Vision OCR engine 用のネイティブ サポートがあります。

例: これは、手書きや、ドライバー ライセンスおよびパスポートの抽出に役立ちます。

注: インターネット接続が必要です。
カスタム ロジック (Python スクリプト) による抽出の改善 カスタム ロジック関数は、このリリースから標準の IQ Bot パッケージに含まれています。機能を有効にするために個別の構成は必要ありません。

カスタムロジックの追加による本番環境での自動抽出の改善

修正された機能

IQ Bot Version 11.3.3 の修正された機能
Zendesk/サポート チケット/サービス クラウド 説明
- Veracode スキャンで CSS 脆弱性がなくなりました。
カスタマー サービス: 431 ラーニングインスタンスは以前よりも早く読み込まれます。
カスタマー サービス: 13467 多くの Bot が含まれるラーニングインスタンスを編集した後に [トレーニングに戻る] ボタンをクリックすると、Designer ウィンドウがロードされます。
- 多くの Bot が含まれるグループのラーニングインスタンスを編集すると、[抽出結果を表示] > [トレーニングに戻る] アクションは以前よりも早く動作します。
- トレーニング ファイルは、API プロセスを使用してラーニングインスタンスに正常にアップロードされます。
カスタマー サービス: 551 複数ページのドキュメントのナビゲーションやプロセスは停止せず、正常に処理されます。
カスタマー サービス: 13847 2100 以上のグループが存在するクラシファイアでも、ラーニングインスタンスを正常に処理します。
カスタマー サービス: 534 Web ページ (Designer/抽出結果を表示/バリデーター) で複数ページのドキュメント上の空白の検証フィールドをクリックしたとしても、カーソルは 1 ページ目に戻らずに指定のページに留まります。
Zendesk: 242261 Designer ウィンドウで [抽出結果を表示] ボタンをクリックすると、抽出結果は以前よりも早く表示されます。

セキュリティ上の修正

このバージョンでセキュリティ修正はありません。

廃止予定の機能

このバージョンで廃止予定の機能はありません。

既知の制限事項

注: IQ Bot Version 11.3.3 一般版リリースには。以下のテーブルに表示された既知の制限事項以外にも、IQ Bot Version 6.5.2 限定版リリースに記された既知の制限事項があります。
Version 6.5.2 リリースノート」をご覧ください。
IQ Bot Version 11.3.3 の既知の制限事項
Zendesk/サポート チケット/サービス クラウド 説明
Zendesk: 221115 一部のユース ケースでは、ページ上に予期しない対角線が表示されるなど、Validator でドキュメントの方向が間違って表示されます。
- 本番環境では、ファイルのバッチ アップロード中に express-http-proxy エラーが発生し、複数のファイルがなくなる場合があります。環境ではデータベース Microsoft Azure SQL サービスの使用量が高いと表示されます。
Zendesk: 240900 layoutTrainSetハッシュ キーが空のラーニングインスタンスをインポートできません。
Internet Explorer 11 Internet Explorer 11 を使用すると、アイコンがページを更新した後に消えます。問題はハード読み込み (Ctrl+F5) で解決します。
カスタマー サービス: 422 および 526

IQ BotABBYY FineReader Engine では、一部のドキュメントのテキスト セグメント/システム識別領域 (SIR) がオフセットまたは生成されず、マッピングに関する問題が発生します。

ABBYY FineReader Engine では、一部のドキュメントでシステム識別領域 (SIR) は正常に作成されません。

- 本番環境では Validator が日本語の Unicode で自動補完を実行しないので、サードパーティ製ライブラリを修正する必要があります。
サービス クラウド: 00342272 クラシファイア ワーカーがナンバー クラシファイア エグゼキューターを複製し続けるため、必要以上のシステム リソース (プライマリ CPU やセカンダリ RAM) を利用することで IQ Bot の動作が低下します。
サービス クラウド: 00331297 ドキュメントの分類が完了しないままプロセスが停止し、エラー メッセージが表示されます。
カスタマー サービス: 146 光学式文字認識 (OCR) の精度が明るい色のフォントに影響を与える場合があります。
- ユーザーがフィールドをクリックすると、フィールドの検証エラーを示す赤いアイコンや赤く強調表示されたテキスト ボックスが消えますが、修正しなくても別のフィールドに移動します。
- IQ Bot ダッシュボードには、プロセス済みの標準的なフォームで的確なメトリクス (例: 処理済みのドキュメント数) が常に表示されません。
- IQ Bot のアンインストール処理を行っているときの [完了] 画面には、第三者コンポーネントの間違ったバージョン情報が表示されます。
-
IQ Bot の標準的なフォーム ドキュメント:
標準的なフォーム用にドメインを使用して作成されたラーニングインスタンスは、IQ Bot でエクスポートできません。
- ユーザーは間違った URL を使用して Control RoomIQ Bot を登録することができます。
- IQ Bot extensions の処理中には、青いバウンディング ボックスが抽出したテキストを完全に囲みません。
- Validator 内で IQ Bot extensions ドキュメントのエラーを修正する際:
  • ユーザーはドキュメントで強調表示された値を表示できません。
  • ドキュメント上のバウンディング ボックスを選択すると、値がフィールド テキスト ボックスに抽出されません。
- Microsoft Azure Computer Vision OCR engine は、日本語などの言語で 1 つの文字を返します。これにより、IQ Bot のドメインやラーニングインスタンスが 1 つの文字ではなく複数の文字によるフィールド名に依存する場合、IQ Bot のドキュメントが分類されない場合があります。
- Validator では、ドキュメント上のフィールドに適用させるために ML が自動推奨する値を 2 回選択する必要があります。
- ユーザーには、IQ Bot のインストール プロセスの開始時には、認識できないアプリに関する Window の Defender SmartScreen メッセージが表示される場合があります。この問題を解決するには、Windows 認識できないアプリケーションに関するメッセージを参照してください。
- IQ Bot ダッシュボードにアクセスすると、IQ Bot 管理者ロールを持つユーザーには [403 Forbidden Error] メッセージが表示される場合があります。この問題を解決するには、ユーザーには Control RoomAAE_BASIC ロールが割り当てられていることを確認します。
- Validator では、フィールドで推奨される値がドロップダウンから選択できません。
- ドキュメントを分類する、またはラーニングインスタンスが編集モードの場合、そのラーニングインスタンスのエクスポート ステータスは [移行ユーティリティ] パージで利用可能と表示されます。
フィードバックを送る