Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

Control Room からの IQ Bot の登録解除

  • 更新済み: 2020/09/10
    • 11.3.x
    • インストール
    • IQ Bot

Control Room からの IQ Bot の登録解除

IQ Bot のインストールまたはアンインストールが原因で IQ Bot URL が変更された場合、またはロード バランサーが追加されたときに、IQ BotControl Room から登録解除する必要があります。

IQ BotAutomation Anywhere Control Room から登録解除した後で、Automation Anywhere Cognitive Console サービスを再起動します。

手順

  • IQ Bot 11.3.x のみ
    1. sysadmin ロールを使用して、2 つの異なる SQL クエリを別々のデータベースで実行します。
    2. 最初の SQL クエリを Control Room データベースで実行して次のデータを削除します。
      • DELETE FROM [CRDB-NEW].[dbo].[APP_USER] WHERE [type]='IQBOT'
      • DELETE FROM [CRDB-NEW].[dbo].[USERS] WHERE user_type='APP'
      • DELETE from dbo.ACTIVEMQ_ACKS
      • DELETE from [CRDB-NEW].dbo.ACTIVEMQ_ACKS DELETE from dbo.ACTIVEMQ_MSGS
    3. 2 番目の SQL クエリを IQ Bot 構成データベースで実行して次のデータを削除します。
      • DELETE FROM [Configurations].[dbo].[Configurations] where [key]='controlRoomVersion'
      • DELETE FROM [Configurations].[dbo].[Configurations] where [key]='appRegistered'
      • DELETE FROM [Configurations].[dbo].[Configurations] where [key]='controlRoomUrl'
      • DELETE FROM [Configurations].[dbo].[Configurations] where [key]='appId'
  • Automation 360 IQ Bot only
    1. sysadmin ロールを使用して、2 つの異なる SQL クエリを別々のデータベースで実行します。
    2. SQL ステートメントの最初のセットを Control Room データベースで実行して次のデータを削除します。

      バージョン A2019.10 ~ A2019.13 の場合、次の SQL ステートメントを実行します。

      DELETE FROM [AAE-Database].[dbo].[ACTIVEMQ_ACKS]
      DELETE FROM [AAE-Database].[dbo].[ACTIVEMQ_MSGS]
      DELETE FROM [AAE-Database].[dbo].[SERVICE_USER]
      DELETE FROM [AAE-Database].[dbo].[USERS] where user_type='APP'
      バージョン A2019.14 以降の場合、次の SQL ステートメントを実行します。
      1. 次のクエリを実行します。
        USE [AAE-Database]
        SELECT T.uuid As TenantID,T.name AS TenantName,T.created_by,T.enabled,U.id AS IQBotAppUserId,U.user_type,S.url AS 
        IQBotURL FROM [dbo].[TENANTS] T 
        LEFT JOIN [dbo].[USERS] U ON T.uuid = U.tenant_uuid 
        LEFT JOIN [dbo].[SERVICE_USER] S ON U.id = S.id
        WHERE (U.user_type='APP' AND S.type='IQBOT')
        
      2. 上記のクエリには「IQBotAppUserId」番号が記載されています。次のクエリで、id = 'IQBotAppUserId' を id = '数字' に置き換えます。
      3. 次の削除クエリを実行します。
        DELETE FROM [AAE-Database].[dbo].[SERVICE_USER] WHERE [type]='IQBOT'
      4. DELETE FROM [AAE-Database].[dbo].[USERS] WHERE id = 'IQBotAppUserId'
    3. SQL ステートメントの 2 番目のセットを IQ Bot 構成データベースで実行して次のデータを削除します。
      • DELETE FROM [IQBot].[dbo].[Configurations] where [key]='controlRoomVersion'
      • DELETE FROM [IQBot].[dbo].[Configurations] where [key]='appRegistered'
      • DELETE FROM [IQBot].[dbo].[Configurations] where [key]='controlRoomUrl'
      • DELETE FROM [IQBot].[dbo].[Configurations] where [key]='appId'
これで正常に登録が解除されます。
フィードバックを送る