Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

独自の ABBYY FineReader Engine ライセンスを使用する

  • 更新済み: 2022/01/14
    • 11.3.x
    • インストール
    • IQ Bot

独自の ABBYY FineReader Engine ライセンスを使用する

独自の ABBYY FineReader Engine ライセンスを使用するには、次の手順に従います。

手順

  1. IQ Bot インストール ディレクトリ構成フォルダー に移動し、AbbyyOCREngineSettings.json を開いて次のプロパティを更新します
    • EnginePath を変更して、インストール済み ABBYY FineReader Engine エンジンのパスを貼り付けます。たとえば、C:\\Program Files\\ABBYY SDK\\12\\FineReader Engine\\Bin などです。パスの区切り文字として 2 つのバックスラッシュが含まれていることを確認します。DeveloperSN プロパティをライセンス キーで更新します。
    • ProjectId プロパティをライセンス プロジェクト ID で更新します。
    • UseOpenRuntimeLicense を false に更新します。
  2. C:\Program Files (x86)\Automation Anywhere IQ Bot <version>\Configurations フォルダーから Settings.txt ファイルを開いて、OCREngine=ABBYY FineReader Engine を確認または変更して、ファイルを保存します。
  3. C:\Program Files (x86)\Automation Anywhere IQ Bot <version>\Configurationsstopanduninstallallservices ファイルを実行します。
  4. installandstartallservices ファイルを実行してログインするか、IQ Bot Web ページの表示を更新します。
フィードバックを送る