Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

ラーニングインスタンスのインポート

  • 更新済み: 2022/05/23
    • 11.3.x
    • マネージ
    • IQ Bot

ラーニングインスタンスのインポート

移行ユーティリティを使用して、ラーニングインスタンスをインポートします。

注: IQ Bot Version 11.3.5.2 環境でラーニングインスタンスのバックアップをインポートするには、バックアップ(.iqba)ファイルは、IQ Bot Version 11.3.5.2 環境からのみエクスポートする必要があります。そのため、ソース IQ Bot 環境も Version 11.3.5.2 にアップグレードする必要があります。この要件は、バックアップ (.iqba) ファイルのデータベース スキーマおよびバージョン情報の変更によるものです。
利用可能なさまざまなオプションから選択します。インポートを開始する前には、IQ Bot データベースをバックアップします。
ロール ベースのアクセス制御 (RBAC) は、IQ Bot Version 6.5 の新しいラーニングインスタンスの作成に適用されますが、次のものには適用されません。
  • 以前の IQ Bot バージョンからの既存のラーニングインスタンスを維持します。
  • ラーニングインスタンスを IQ Bot Version 6.5 環境から別の環境へとインポート/エクスポートします。
管理者は、回避策として次の操作を実行できます。
  • ユーザーとロールが Automation Anywhere Control Room で更新されていることを確認します。
  • データベーステーブル [FileManager].[dbo].[LearningInstanceRoles]投影された および ロールの各列に行を手動で挿入します。

このデータ ベーステーブルは、IQ Bot Version 6.5 のインストール時に空のまま自動的に作成されます。

移行ユーティリティ 機能を使用してラーニングインスタンスをインポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. IQ Bot のインストール時の出力ディレクトリ内で BackupData フォルダーにある、インポートするエクスポートデータファイルをコピーします。
  2. [インポート] をクリックし、インポートする IQ Bot アーカイブ (IQBA) バックアップ データ ファイルを選択します。
  3. 必要なラーニングインスタンスを選択して、[インポート] をクリックします。次のインポート オプションから選択するよう要求されます。
    注: IQ Bot Version 6.5 の移行ユーティリティ機能は、ソース システムとターゲット システムの両方にラーニングインスタンスが存在し、移行のためのソース システムに新しいグループが追加されているシナリオでは適切に動作しません。これらのシナリオでは、移行ユーティリティ 機能のオプション 1、2、3 のターゲット システムに新しいグループが移行されません。お客様がこれらのシナリオを利用するためには、 IQ Bot Version 11.3.3.1 以上にアップグレードする必要があります。
    インポート オプション 使用するタイミング
    オプション 1: インポートされたグループやトレーニング済みの bot を受けた Bot を追加し、既存のラーニングインスタンスを複製します。
    既存のラーニングインスタンスで、新しいグループやトレーニング (bot) をマージする際に使用します。
    注:
    • 追加モードを使用してアーカイブ (.iqba) ファイルをインポートすると、インポート元のトレーニングを実施したグループは、宛先の環境内のトレーニングを実施していないグループを上書きできます。
    • ラーニングインスタンスが編集されている場合 (たとえば、新しいフィールドの追加など)、[追加] オプションを使用してインポートすることはできません。
    オプション 2: ラーニングインスタンスをインポートし、重複したラーニングインスタンスを無視します。

    .iqba ファイル (開発環境からのファイル等) のラーニングインスタンス ID がターゲット環境 (本番環境など) の ID と異なる状況で、新しいラーニングインスタンスのみを追加する場合に使用します。.iqba ファイル内のラーニングインスタンス ID がターゲット環境の ID と同じである場合、.iqba ラーニングインスタンスは追加されません。

    オプション 3: 複製された既存のラーニングインスタンスを、インポートされたラーニングインスタンスに上書きします。

    すべてのグループ、トレーニング (Bot)、および移動先のシステム上の既存のラーニングインスタンスの機械学習は、ソース システムからのものに置き換えられます。これは、これらのラーニングインスタンスによって実行された処理 (ダッシュボード データ) に影響しません。

    これはその他のフィールド/テーブル列を追加するための編集を含む、既存のラーニングインスタンスを更新するための唯一のオプションです。

    オプション 4: すべての既存のラーニングインスタンスを消去し、インポートされたラーニングインスタンスに置き換えます。 これは、最初から始めて、IQ Bot インストールからのこれまでの作業がすべて失われてもよい場合に使用します。
    注: iqba ファイルをマージしても、機械学習 (ML) の部分がラーニングインスタンス間でマージされることはありません。その代わり、既存のラーニングインスタンスからの ML を維持しますが、インポートされたラーニングインスタンスからの ML は維持しません。
  4. 要件に最も適したインポートオプションを選択します。[インポート] をクリックします。インポートの確認を求められます。
  5. [はい、インポートする] をクリックし、インポート処理を開始します。インポートが完了すると、ラーニングインスタンスのリストがある移行ユーティリティのホームページに戻ります。インポートが成功した場合、タイムスタンプと共に [前回の移行ステータスが完了] メッセージが表示されます。
インポートされたラーニングインスタンスは、その環境や関連付けられているすべての bots の環境を保持します。

フィードバックを送る