Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot の分類基準

  • 更新済み: 2020/04/17
    • 11.3.x
    • ビルド
    • IQ Bot

IQ Bot の分類基準

ドキュメントを IQ Bot に分類するために選択する必要のあるフィールドの最小数について説明します。

デフォルト ドメインまたはカスタム ドメインで作成されたラーニングインスタンス

IQ Bot は、ドキュメントを正常に分類するために選択したフィールドの最小数を確認します。それ以外の場合、ドキュメントは未分類としてマークされます。

以下に例を示します。

  • 1 ~ 4 個のフィールドを選択して新しいラーニングインスタンスを作成する場合、IQ Bot はその特定のラーニングインスタンスに表示されるフィールドの合計数から少なくとも 4 個のフィールドを確認します。同様に、5 個のフィールドを選択して新しいラーニングインスタンスを作成する場合は、IQ Bot は少なくとも 5 個のフィールドを確認します。
  • 6 個のフィールドを選択してラーニングインスタンスを作成する場合は、IQ Bot は少なくとも 6 個のフィールドを確認します。例えば、請求書ドメインで 8 個のフィールドを選択した場合、IQ Bot は使用可能なすべてのフィールドのうち少なくとも 6 個のフィールドを確認します。

他のドメインで作成されたラーニングインスタンス

1 個以上のフィールドで新しいラーニングインスタンスを作成する場合、IQ Bot は少なくとも 1 個のフィールドを確認し、ドキュメントを分類します。いずれのフィールドも IQ Bot で検出されない場合、そのドキュメントは未分類としてマークされます。

フィードバックを送る