Automation Anywhere ドキュメントを読んで確認する

Automation Anywhere IQ Bot

コンテンツを閉じる

コンテンツ

コンテンツを開く

IQ Bot のインストールに必要なデータベース情報

  • 更新済み: 6/05/2020
    • 11.3.x
    • 最新情報
    • IQ Bot

IQ Bot のインストールに必要なデータベース情報

IQ Bot をインストールする場合、使用するデータベース タイプ特有の情報を入力するよう要求されます。下表には、必要な情報が概説されています。

Microsoft SQL Server および Amazon RDS データベース
必要な情報 説明
データベース (SQL Server) 認証 データベースへの接続が許可された Microsoft SQL Server ユーザーの資格情報を入力します。
データベース名
  • FileManager
  • クラシファイア
  • 構成
  • MLData
  • AliasData
データベース ポート デフォルト: 1433
サービス資格情報 ユーザーに次の権限を与えます。
  • SQL 接続
  • データベースの作成
  • データベースの表示
Microsoft Azure データベース
必要な情報 説明
データベース (SQL Server) 認証 データベースの作成時に作成されます。
データベース名
  • FileManager
  • クラシファイア
  • 構成
  • MLData
  • AliasData
データベース ポート デフォルト: 1433
データベース ロール データベースへのアクセスには dbmanager ロールが必要です。
注: 以前の IQ Bot バージョンには 5 つのデータベースがありました。Automation 360 IQ Bot Build 2545 (A2019.10) 以降では、新しいインストール、アップグレード、または更新のために IQBot という単一の統合データベースが作成されます。データベース名は、複数のデータベースと統合データベースの両方に対してハードコードされているため、カスタマイズできません。
フィードバックを送る